ブックソムリエ ~新刊ワンショット時評~BACK NUMBER

ラグビー、威風堂々。~戦争をしないためにラグビーはあるのだ~ 

text by

幅允孝

幅允孝Yoshitaka Haba

PROFILE

photograph byWataru Sato

posted2015/08/29 09:00

ラグビー、威風堂々。~戦争をしないためにラグビーはあるのだ~<Number Web> photograph by Wataru Sato

『人類のためだ。ラグビーエッセー選集』藤島大著 鉄筆 1600円+税

 今年は終戦70年の節目。国会では安全保障関連法案の成立も争点となっている。そんな空気に背中を押されたのか、偶然手に取った本の冒頭には、スポーツを通じた平和論が語られていた。

「戦争をしないためにラグビーはあるのだ」と堂々宣言するのは、藤島大。元ラグビー日本代表監督の故・大西鐵之祐の言葉を丁寧にすくいあげた彼は、その想いを継ぎながら、闘争の倫理について語りかける。高校、大学とラグビー部に所属し、卒業後も文筆業の傍ら母校早稲田大学ラグビー部でコーチも務めた藤島。彼が長年書き溜めたラグビーエッセーを再編集したのが本書である。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 367文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

特集 本田圭佑僕は日本人の血を信じている。

ラグビーの前後の記事

ページトップ