Number on NumberBACK NUMBER

激戦の男子100m。~五輪参加標準10秒16以内に4人がひしめく~ 

text by

小川勝

小川勝Masaru Ogawa

PROFILE

photograph byShingoIto/AFLO SPORT

posted2016/06/23 09:00

激戦の男子100m。~五輪参加標準10秒16以内に4人がひしめく~<Number Web> photograph by ShingoIto/AFLO SPORT

5月21日の東日本実業団選手権男子100mで優勝した山縣亮太(左)と2位の藤光謙司。

 日本陸上選手権が6月24日、名古屋のパロマ瑞穂スタジアムで開幕する。今年は第100回大会。この大きな節目の大会で、歴史に残るレースが実現することになりそうだ。男子100mで今年、大会史上、かつてないレベルの選手がそろった。リオデジャネイロ五輪の代表選考会でもあるこのレースは、タイムと勝負の両面で、注目のレースになる。


 現役で10秒0台の自己ベストを持つ桐生祥秀、山縣亮太、高瀬慧の3人に加えて、5月21日の東日本実業団選手権でケンブリッジ飛鳥が10秒10という自己ベストを出した。その結果、五輪の参加標準記録である10秒16をこの1年間で破った選手が4人となっている。五輪では、1種目あたり1カ国から最大3人までしか出場できない。男子100mで日本から3人が出場すれば、2004年アテネ五輪以来ということになる。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1542文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

EURO 2016 FRANCE日本代表が語る優勝国予想。
桐生祥秀
山縣亮太
高瀬慧
ケンブリッジ飛鳥
サニブラウン・アブデルハキーム
江里口匡史
高平慎士
飯塚翔太

陸上の前後の記事

ページトップ