ブックソムリエ ~必読!オールタイムベスト~BACK NUMBER

プロ野球黄金時代、今に通じる愛ある小言。~『昭和プロ野球徹底観戦記』を読む~ 

text by

馬立勝

馬立勝Masaru Madate

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2015/09/22 08:00

プロ野球黄金時代、今に通じる愛ある小言。~『昭和プロ野球徹底観戦記』を読む~<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

『昭和プロ野球徹底観戦記』山口瞳著 河出書房新社(現在品切・重版未定)

 山口瞳こと江分利満氏。毎年、成人の日の新聞に載るウイスキーの広告で新成人に社会人作法を教えるのが常だった。豊かな経験と知識を土台に筋が通った小言、少し煙たいが人に嫌われないのは誠実な人柄ゆえ。そんな作家の昭和39年(1964年)から昭和52年(1977年)あたりまでのプロ野球評論集。この期間は巨人V9時代だが、プロ野球の黄金時代でもあった。半世紀も前のキャンプ報告やシーズン予想、日本シリーズ観戦記、選手論、監督論が“懐かしのメロディー”で終わらず、今の野球をも撃つのは、昭和11年に沢村栄治の投球を観て以来の見巧者の姿勢による。プロ野球は勝敗だけでなく“野球技”を見せるもの、との立ち位置だ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 566文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<阪神タイガース八十周年特集>猛虎、神撃。

プロ野球の前後の記事

ページトップ