Before The GameBACK NUMBER

自分自身であり続ける。~お人好しと、嫌われないことは違う~ 

text by

藤島大

藤島大Dai Fujishima

PROFILE

photograph byBungeishunju

posted2017/05/13 17:00

自分自身であり続ける。~お人好しと、嫌われないことは違う~<Number Web> photograph by Bungeishunju

1996年に95歳で亡くなるまで67年間、明治大学ラグビー部の監督を務めた北島忠治氏。

 本誌前号 の特集「嫌われる勇気」を読みながら「嫌われない勇気」について考えていた。

 実は、古今東西の名監督、一流コーチの隊列には「嫌われない」人格がひしめいている。むしろ「嫌われる者」が栄冠をつかむ例のほうが稀である。

 誤解されがちなのは、以下のごとき見解が散見するからだ。

「誰にでも好かれる人物がね、この世界で勝てるかとなるとそうでもないというのがつらいとこですねえ」。昨夏に惜しくも死去、厳しくもふくよかな評論で鳴らした元強打者、豊田泰光の『108の遺言』(ベースボール・マガジン社)の一節だ。スクイズ失敗、おのれの采配を責めるプロ野球監督について述べている。大将が自身の決断を安易に反省したのでは、チームの士気は萎えてしまう。そんな文脈だ。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

大西鐵之祐
早稲田大学
明治大学
北島忠治

ラグビーの前後のコラム

ページトップ