セリエA ダイレクト・レポートBACK NUMBER

インテルの風紀を乱す毒婦ワンダ。
夫イカルディは主将を剥奪され……。 

text by

弓削高志

弓削高志Takashi Yuge

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2019/02/20 11:15

インテルの風紀を乱す毒婦ワンダ。夫イカルディは主将を剥奪され……。<Number Web> photograph by Getty Images

人気グラビア・アイドルだったワンダ・ナラ(右)。イカルディと結婚する前は元アルゼンチン代表マキシ・ロペスの妻だった。

御大ベルゴミからの訴え。

 CL出場圏を狙うローマ勢やミラン、アタランタといったライバルたちは、春本番を前にチーム戦術の成熟や新戦力の台頭によって、俄然完成度の高いゲームを見せ始めた。彼らの追撃はますます勢いを増すだろう。

 御大ベルゴミは危機に瀕する後輩たちへ訴える。

「イカルディは同僚たちに頭を下げ、騒動の責任は自分にあると謝罪するべきだ。辛いだろう。だが、彼はやらねばならない。人は誰でも過ちを犯す。しかし、それを乗り越え、グループが再びまとまるためには謙虚にならねばならない。勝つのは選手個人ではなく、つねにチームなのだから」

 サンプ戦後の夜、自身のTV番組でワンダは「インテルは私たちの家族。インテルに残りたい。主将解任はマウロにとって脚を一本切断されたような痛みだった」と殊勝な物言いで涙まで流したが、インテルのフロントが彼女をどこまで信用するだろうか。肝心の前キャプテンはなおも妻に言わせるがままで、ダンマリを決め込んでいる。

 1人の毒婦によって、野心あるチームが崩壊するなどということがあってはならない。スパレッティ監督とマロッタCEO、そして新主将ハンダノビッチは褌を締めるときだ。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
ワンダ・ナラ
マキシ・ロペス
インテル
マウロ・イカルディ
イバン・ペリシッチ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ