ファイターズ広報、記す。BACK NUMBER

栗山監督が考える優勝の条件と、
日本ハム苦節のドラ1右腕の再起。 

text by

高山通史

高山通史Michifumi Takayama

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2019/02/19 11:30

栗山監督が考える優勝の条件と、日本ハム苦節のドラ1右腕の再起。<Number Web> photograph by Kyodo News

'10年に初登板初先発初勝利を挙げて、ウイニングボールにキスする日本ハム・中村勝。'17年に右肘手術を受け、現在は復帰途上にいる。

先輩のダルビッシュとも対面。

 アリゾナで、真剣勝負の土俵に上がったのは運命だったように思う。ほど近いマリナーズのキャンプ地では、菊池雄星投手がマリナーズの一員として始動していた。10年前のドラフトで、菊池の外れ1位で中村勝が指名されたという縁があり、そんな同年代が別のステージへと挑戦をしていた。

 同じ手術を受けた先輩のダルビッシュとも対面した。愛称「埼玉のダルビッシュ」の由来となった右腕とも一瞬、また野球人生が交錯した。

 栗山監督は常々、言う。

「ただ戦力が整っている、だけでは優勝することができないんだよね。何かが起きないと。だからこちらは何かが起こるようにしないといけないんだ」

 何を起こせるのか。何を、ファイターズへと注ぎ込めるのか。栗山監督がふと見せたセンチメンタルなシーン。苦節10年目の右腕へと寄せる期待が、垣間見えた気がした。

この記事の全文は「Number PREMIER」でお読みいただけます。
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
甦る死闘。 True Stories of 2023. - Number1086号 <表紙> 大谷翔平

Sports Graphic Number 1086
甦る死闘。
True Stories of 2023.

2023年12月7日発売
800円(税込)

Amazonで購入する

BACK 1 2 3
北海道日本ハムファイターズ
中村勝
栗山英樹

プロ野球の前後の記事

ページトップ