Beyond The GameBACK NUMBER

カープは当たり前に“そんな存在”になった。
~長野の言葉が「普通」に響く理由~

posted2019/02/20 06:00

 
カープは当たり前に“そんな存在”になった。~長野の言葉が「普通」に響く理由~<Number Web> photograph by KYODO

巨人宮崎キャンプで新鮮なユニフォーム姿を披露した丸。開幕カードは広島戦だ。

text by

藤島大

藤島大Dai Fujishima

PROFILE

photograph by

KYODO

 丸、去る。なんと巨人へ。昔の広島ファンなら、激しく憤るか、優しく背中を押すか、どちらかだろう。

 現在は違う。違う気がする。

 その中間。あるいは外。なんとなく認める。まさか納得をしているわけではないのだが、怒り、あきらめ、どちらとも微妙に異なる境地に感情はひしめく。

 そいつを、そうした心の動きを余裕と呼ぼう。さぁキャンプイン、いまセ・リーグの覇者とは、強き者とは、すなわちカープである。

 丸佳浩。千葉は勝浦育ちのマル。響きがよい。精悍にも柔和にも映る風貌もまたほどよい。なによりも遠くに飛ばし、着実につなぎ、よく走り、鋭く放る。四球をせしめる選球眼は心憎い。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 997文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

横綱論。さらば、稀勢の里

Sports Graphic Number 972

横綱論。
さらば、稀勢の里

 

関連記事

丸佳浩
読売ジャイアンツ
広島東洋カープ

プロ野球の前後の記事

ページトップ