オリンピックPRESSBACK NUMBER

「上司にしたい女性」マリリンは
カーリングの選手&指導者&敏腕GM。

posted2019/02/13 11:00

 
「上司にしたい女性」マリリンはカーリングの選手&指導者&敏腕GM。<Number Web> photograph by Shigeki Yamamoto

昨年12月、「ユーキャン新語・流行語大賞」の授賞式に出席した本橋麻里。「そだねー」は年間大賞に選ばれた。

text by

竹田聡一郎

竹田聡一郎Soichiro Takeda

PROFILE

photograph by

Shigeki Yamamoto

「新たな一歩ではあるけれど、何かに成功したわけではまだないです」

 日本カーリング史上初の五輪でのメダルを獲得した昨シーズンの終わり、記者に囲まれ「自身が作り上げたチームが成功を果たしましたが」と促された時、本橋麻里は笑みを浮かべながらも毅然と、そう言い放った。

 五輪でのメダルすら、まだ途上。そう考える本橋にとっての「成功」とは一体、どのようなものなのだろうか。例えば、単純に金メダルを獲得することなのか。

「それも目標の1つですね。来シーズン、ちょっと動こうと思っています。やりたいことはたくさんあるので、また話を聞いてください」

 ロコ・ソラーレのメンバー全員に共通するいたずらっぽい口調で、そう激動のシーズンを締めくくった。2018年5月のことだ。

 それからチームは2カ月前後のオフをとった。藤澤五月や吉田知那美は北米、鈴木夕湖は東南アジア、吉田夕梨花は札幌といった具合に、それぞれ中短期の留学や旅行のため、しばしアイスを離れた。

 しかし、本橋は「家族で沖縄にちょっと行ったくらい。けっこうやることがあって」と、激動の五輪シーズンを完走した割に控え目なオフを過ごした。

 チームがまだオフの最中、6月には選手として今季は休養することを発表し、「カーリングをしているとなかなか機会のない西日本に行く機会を得て、たくさん刺激をいただきました。地方の熱量はすごい」と全国での講演やカーリング体験会などのイベントに積極的に参加してきた。

 同時にセカンドチーム「ロコ・ステラ」の人選など立ち上げの準備を進め、ロコ・ソラーレの4人がアイスに戻り、再び世界に挑み始めた夏の終わりには「ロコ・ソラーレ」を一般社団法人化し、自身は代表理事に就いた。

「なるべく多くの人に会う」という方針。

「社会人1年目のつもりで、不慣れながら精一杯やっていきます」

 そう抱負を語った彼女の仕事を具体的に挙げていけば、まずはトップチーム「ロコ・ソラーレ」のフロント業務とチーム強化のサポートだ。JCA(日本カーリング協会)と折衝し、海外遠征のスケジューリングや現地での細かい手はずを整える。

 安全にチームを送り出してから、新シーズン、2022年北京冬季五輪までの次の4年へに向けてのスポンサーさんへの挨拶回りも欠かさず、チームのビジョンを説いて回った。

 平昌フィーバーでスポンサーに志願する企業や団体、CM出演のオファーなども激増したが、ブームではなく長いスパンでチームを、カーリングを応援してくれるオファーなのか、自身で判断したかったのだろう。本人は多くを語らないが「なるべく多くの人にお会いして、あらゆる意見を聞きたかった」とチーム強化、運営の最善策を今も探っている。

【次ページ】 ワーカホリック寸前の働き方と、自分の時間。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

本橋麻里

冬季スポーツの前後のコラム

ページトップ