サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

決勝の相手カタールを徹底分析。
アリのカウンターを冨安が防ぐ。

posted2019/02/01 11:15

 
決勝の相手カタールを徹底分析。アリのカウンターを冨安が防ぐ。<Number Web> photograph by Getty Images

スペイン人指揮官サンチェス(写真中央こちら向き)のバルサ仕込みの柔軟な戦術に、いかに対応するかがカギになりそうだ。

text by

戸塚啓

戸塚啓Kei Totsuka

PROFILE

photograph by

Getty Images

 キーワードは「対応力」である。

 日本時間2月1日23時にキックオフされるアジアカップ決勝で、日本はカタールと対峙することになった。

 ロシアW杯のアジア最終予選で、カタールは日本と別グループの最下位に終わった。2勝1分7敗という成績は他国の注意や警戒を呼ぶものではなく、無印の立場で今大会を迎えている。

 グループリーグでは初戦でレバノンを2-0で退け、続く北朝鮮戦は6-0の大勝を飾った。ともに2連勝で激突したサウジアラビアとの第3戦も2-0で制し、ノックアウトステージへ進出していく。

 この時点でもまだ、カタールを推す声は大きくなかった。アジアのパワーバランスは日本、韓国、オーストラリア、イラン、サウジアラビアのロシアW杯出場国が先行し、驚きをもたらすとしたら開催国で日程と組み合わせに恵まれるUAE、あるいは個の力に優れるイラクではないか、というのが現地での一般的な見方だった。カタールの上位進出を予想する声は、どれほど耳を澄ましても聞こえてこなかった。

ザック率いるホームのUAEに完勝。

 それがどうだろう。

 決勝トーナメント1回戦でイラクを、準々決勝で韓国を1-0で退けると、準決勝ではUAEを4-0で撃破した。ザックことアルベルト・ザッケローニが率いる開催国は、ベスト4進出国のなかでもっとも力が落ちる。戦力的にはベスト8が妥当だったろう。それにしても、完全アウェーの雰囲気での快勝は、カタールの潜在能力を際立たせた。

 今大会に出場しているチームの生い立ちを辿ると、史上初の決勝進出の要因を探り当てることができる。

【次ページ】 スペイン人監督が育て上げた選手たち。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ