サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

決勝の相手カタールを徹底分析。
アリのカウンターを冨安が防ぐ。 

text by

戸塚啓

戸塚啓Kei Totsuka

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2019/02/01 11:15

決勝の相手カタールを徹底分析。アリのカウンターを冨安が防ぐ。<Number Web> photograph by Getty Images

スペイン人指揮官サンチェス(写真中央こちら向き)のバルサ仕込みの柔軟な戦術に、いかに対応するかがカギになりそうだ。

長友「FWの選手は速いね」

 カウンターは速い。韓国戦とUAE戦をテレビで観たという長友佑都は、30日の練習後に「FWの選手は速いね」と切り出した。彼の頭のなかでは、背番号19のアルモエズ・アリの映像が浮かんでいた。

「チーターみたいにホントにしなやかで、しなりながらの走りができる。あとはシュートがうまい。韓国もそうだったけど、僕らがボールを持たせてもらえる時間はけっこう長いと思うんですよ。ただ、カタールは守るところを分かっていて、そのあとにカウンターを仕掛けてくる。

 そのカウンターのケアをしっかりしないと。一発でやられるぐらいの速さがありますよ。攻撃しているときというのが、逆にチャンスがピンチになりかねないというところですよね」

 カウンターの仕掛けから仕上げまでを担うアルモエズ・アリは、'96年のアリ・ダエイに並ぶ大会最多タイの8ゴールを記録している。そのうち4点は北朝鮮戦で稼いだもので、イラク戦と韓国戦では音無しだったが、UAE戦で3試合ぶりにネットを揺らした。

 背番号19を背負うこのストライカーは、カウンターの局面ではゴール正面からやや左サイド寄りの位置でシュートへ持ち込むことが多い。彼がフィニッシュしたいシーンでマッチアップするのは日本の右センターバック──冨安健洋との攻防が多くなる。今大会を通じて成長を遂げてきた20歳の真価が問われる。

カウンターと同じくらいFKも怖い。

 カウンターへの対処として、不要な反則をしないことも重要だ。カタールには優れたキッカーがいる。レバノン戦とイラク戦で直接FKをねじ込んだバサム・アルラウィは、コースを狙った一撃に優れる。彼と同じセンターバックのブアレム・フーヒーは、無回転の右足FKを操る。

 カタールの戦術的柔軟性に負けないフレキシビリティを、日本は発揮できるか。自分たちがボールを保持している時間帯に、カウンターのリスクに鋭敏でいられるか。自分たちの良さを出し切るのはもちろん、相手の良さを摘み取っていく対応力こそは、2大会ぶり5度目のアジア制覇の前提条件となる。

関連記事

BACK 1 2 3

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ