Number ExBACK NUMBER

「スケートが好きと言えるように」
引退、復帰を経た高橋大輔の変化。

posted2019/01/21 10:30

 
「スケートが好きと言えるように」引退、復帰を経た高橋大輔の変化。<Number Web> photograph by Asami Enomoto

昨年12月の全日本選手権では総合2位。ジャンプにミスはあったものの得意のステップでレベル4を獲得した。

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph by

Asami Enomoto

 その言葉は、耳にしてから時が経てば経つほど、重みをもって迫ってくる。

「自分はスケートが好きなんだ、と言えるようになりました」

 2019年1月上旬。

 現在発売中のNumber970号のインタビューで、高橋大輔はそう語った。その穏やかな表情に、思わず見入らざるを得なかった。

 昨年7月、高橋の現役復帰の発表は大きな反響とともに迎えられた。2014年の引退発表前、最後に出た大会は同年2月のソチ五輪。試合から遠ざかっていた期間は4年をゆうに超える。しかも32歳で戻るということもあって、いやがうえにも注目を集めることになった。

 それから半年。復帰初戦となった近畿選手権から西日本選手権を経て12月、高橋は全日本選手権に出場した。実に5年ぶりのことだった。

 さらに出場だけにとどまらず、ショートプログラムで2位につけ、復帰会見の際に目標として掲げた「全日本選手権の最終グループで滑ること」を現実にした。フリーではジャンプでミスが相次いだものの、総合でも2位。2012年以来6年ぶりに表彰台に上がったのである。

かつては言えなかった言葉。

 成績面だけを捉えても鮮やかな軌跡を描いたと言ってよいが、何よりも印象的だったのは、試合の前後や練習で見せる笑顔だった。

 ひとことで表せば、いつも「楽しそう」だった。その表情は、内面の表れであるようにも思えた。

「スケートが好き」

 そのひとことに、復帰してからの姿が重なり合った。そして「言えるようになった」ということは、かつては言えなかったことを示していた……。

【次ページ】 ソチ五輪前の高橋は、苦しんでいた。

1 2 3 NEXT
高橋大輔

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ