サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

振るわない前線と、守備陣の完封。
オマーン戦の森保Jをどう評価するか。 

text by

戸塚啓

戸塚啓Kei Totsuka

PROFILE

photograph byAFLO

posted2019/01/14 13:00

振るわない前線と、守備陣の完封。オマーン戦の森保Jをどう評価するか。<Number Web> photograph by AFLO

苦しい内容ながら、着実に勝ち点を重ねてグループ突破を決めた森保ジャパン。もう一化けは見られるか。

遠藤航の出場が安定をもたらした。

 もっとも、最少得点ではなく無失点に着目すると、チームの視界には違った景色が広がっている。

 PKを献上してもおかしくなかったのは確かである。0-0の時間帯にも、カウンターからあわや失点という場面を作られた。それでも、後半はオマーンにチャンスを許していない。

 この試合では第1戦に出場しなかった遠藤航が、柴崎岳とダブルボランチを組んだ。それに伴って、冨安健洋が本来のセンターバックへポジションを下げた。今大会を戦っていくベースとなるはずの顔触れが守備ブロックに並び、そのうえで無失点を記録したのはプラス材料である。

第3戦はメンバー変更が濃厚?

 ともに2連勝で激突するウズベキスタンとの第3戦は、4日後の17日に組まれている。中3日のスケジュールとなるが、オマーン戦のスタメンは翌日のトレーニングをリカバリーに充てる。グラウンドには立たない。

 実質的には中2日でウズベキスタン戦に臨むことになる。スカウティングに基づいた対策を講じる必要があり、セットプレーの確認もしなければならない。

 限りある時間のなかで、準備の優先事項がディフェンスの修正になってしまうと──攻撃のトレーニングに割くべき時間が削られてしまう。

 森保一監督はウズベキスタン戦で先発の入れ替えを示唆しているが、だからといって首位通過を諦めているわけではない。第3戦が引分けに終われば、得失点差で2位に甘んじる。ここまでバックアップにまわってきた選手を起用しつつ、勝利を目ざしていくはずだ。

 トレーニングでチェックしておきたいことは少なくないが、失点の危機はあったもののクリーンシートで終えたことで、守備の確認に多くの時間を割かれることはないだろう。アジアカップのような短期決戦では、無失点ゲームをすることで次の試合への準備に多少なりとも余裕が生まれるのだ。

【次ページ】 北川、武藤の経験値も無駄にはならない。

BACK 1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

森保一
原口元気
長友佑都
大迫勇也
堂安律
伊東純也

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ