オリンピックへの道BACK NUMBER

吉田沙保里は神様で、お姉ちゃん。
登坂絵莉ら後輩から慕われた理由。

posted2019/01/14 17:00

 
吉田沙保里は神様で、お姉ちゃん。登坂絵莉ら後輩から慕われた理由。<Number Web> photograph by Asami Enomoto

1月10日、都内で行なった会見では涙を見せることなく笑顔で引退を表明した。

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph by

Asami Enomoto

 黒のワンピースに白のジャケット。

 瞬くフラッシュの中、吉田沙保里は、決然とした表情で壇上に進むと、口を開いた。

「私、吉田沙保里はレスリング選手生活に区切りを付けることを決断いたしました」

 リオデジャネイロ五輪銀メダルのあと、選手活動を休止。東京五輪を目指すのかどうか、注目を集めてきた。

 結論は、レスリングに勤しんだ日々に終止符を打つことだった。

 葛藤はあったという。

「リオのオリンピックが終わって東京オリンピックがある。東京オリンピック出たいなっていう思いもありましたし、自分の父から生前、『退き際は大事だよ』『やっぱり勝って終わることが大事だ』とずっと言われていて。

 そういったこともありながら、また金メダルを目指して東京オリンピックに出てほしいという声をたくさんもらったときに、自分もまた頑張らないといけないのかな、頑張ろうかなっていう思いもありながら、すごく迷ってここまで来ました」

若い選手にバトンタッチを。

 迷う中、決断に導いたのは、若い世代の姿だった。

「若い選手たちが世界で活躍する姿を見ることも多くなって、この子たちに今後バトンタッチしてもいいのかなっていうふうに思うようになったり、練習をしている中でも、若い子たちの勢いを感じましたし、ほんとうにやり尽くしたなっていう思いもだんだん強くなっていきました」

 心が決まると、昨年12月、はじめに母に決意を告げた。そして年が明けて、引退を公表するに至ったのである。

【次ページ】 「精神的な支えになったら」

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

吉田沙保里
登坂絵莉
川井梨紗子
東京五輪
リオデジャネイロ五輪
オリンピック・パラリンピック

格闘技の前後のコラム

ページトップ