ワインとシエスタとフットボールとBACK NUMBER

オシムから届いた新年のメッセージ。
「走り続けること、戦い続けること」 

text by

田村修一

田村修一Shuichi Tamura

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2019/01/07 17:30

オシムから届いた新年のメッセージ。「走り続けること、戦い続けること」<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

今でも日本サッカーをずっとウォッチし続けているオシム元日本代表監督は、アジア杯をどう見るか?

日本からムバッペやポグバが出る時代。

「何を求めているかをしっかりと自覚することが大事だ。

 日本のモデルとなり得る優れた海外の選手たちを選んでほしい。

 今やヨーロッパだけでなくアフリカ系の若い選手たちも大きな飛躍を遂げている。なかでも優れた選手たちを今すぐに獲得することはできないかもしれないが、彼らがどんな風にして進歩を遂げたかは綿密に分析して理解しなければならないはずだ。科学的な分析も必要だ。やがてはムバッペやポグバのように身体能力の高い選手たちを、日本のリーグでも探し求めていくことになるのだから。

 そして、日本の科学技術とテクノロジーをもってすれば、そういう選手を育てるのも不可能ではないはずだ。そうした選手が国内リーグから出てきたときに、日本は世界のサッカー界のトップに躍り出ることになるだろう」

「必ず前へ進むこと」

「走り続けること。そして戦い続けること。

 そうすればもっとスピーディーに、もっとモダンにプレーができるようになる。

 日本はまだまだ簡単にボールを失い過ぎると思う。ボールをしっかりとキープするべきで、その状況を最大限に利用してほしい。

 ただ、観客やジャーナリストはボールをキープし続けて小技を駆使するのが楽しいと考えがちだが――それはサッカーではない。必ず前へと進むこと、できる限りスピーディーに、しっかり考えて走ることが大事だ。

 スプリントこそが最善の解決策だ。適切なタイミングで出来る限り素早く。簡単ではないがトライし続けてほしい。

 より速く、より遠くまで――サッカーはすべてその方向に進んでいるのだから。

 OK……私も何か少し食べた方がよさそうだ(笑)。田嶋幸三(日本サッカー協会会長)はじめ、みなさんにくれぐれもよろしく伝えてくれ。ではまた」

――わかりました。メルシー、イバン。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
イビチャ・オシム
羽生直剛
ジェフユナイテッド千葉
フアン・エスナイデル

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ