マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

「記事の中から現場の匂いが……」
報道を巡る新聞記者の怒りに触れて。

posted2019/01/08 10:30

 
「記事の中から現場の匂いが……」報道を巡る新聞記者の怒りに触れて。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

スポーツをめぐるメディアの報道方法は、ネットの登場によって大きく変化してきた。この過渡期に終わりはあるのだろうか。

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph by

Hideki Sugiyama

 オフになると、いろいろな人たちの集まりがある。

 時節柄、忘年会も多いし、懇親会、講演会、勉強会に何かのお祝いの会。

 こういう仕事だと日ごろ1人でポツンと働いていることが多いので、集まりとなると、ついいそいそと出かけて行ってしまう。

 行ってみれば、たいていは知らなかったことを知る機会になったり、知らなかった人を知る機会になったり、何かの勉強になったり、触発されたり、良くも悪くもある種の“ショック”を受けてみたり。

 行ってよかったな……と思うことがずっと多いので、それも出かけていく大きな理由になっている。

 今はインターネットでなんでも知ることができて、なんでも見ることができると考えている人が多いのだろうが、出かけていかなくちゃ、“ほんとのところ”は何もわからないと思っている。

「記事の中から現場の匂いがしない」

 野球の人たちの集まりがあった夜、私はある新聞記者の方から、こんなことを言われた。

「ライターさんなんて、気楽な商売ですよね」

 乾杯から10分と経っていない頃だから、そんなにお酒も入っていなかったはずだ。目つきも、まだしっかりしていた。

「だって、そうじゃないですか」

 こっちへ向き直ったから、“本気”の話だ。

「ライターの書いた記事、ネットで見ますけど……」

 ライターさんから“さん”が取れていた。

「自分たち記者が書いた新聞記事を、あっちからこっちから寄せ集めてきて、それをつなぎ合わせただけでしょ。記事の中から現場の匂いなんか、ぜんぜんしてこないじゃないですか」

 何も言えなかった。

 他のライターさんの記事はあまり読まないので、そうですねぇ……とも言えず、それでも第一線の記者さんがこれだけ決然と面と向かって言うのだから、それが“実態”なのだろう。

【次ページ】 こんなことやってたら、いつか……。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

プロ野球の前後のコラム

ページトップ