スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

早稲田実業、平成最後に花園へ。
中心は大学ラグビー部の二世たち。 

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2018/12/27 17:30

早稲田実業、平成最後に花園へ。中心は大学ラグビー部の二世たち。<Number Web> photograph by Kyodo News

文字通り早稲田大学ラグビー部の血を色濃く引いた早稲田実業のラグビー部が、平成最後に花園に登場した。

「俺がパニックになったらどうするの?」

 高校生ではあるが、アイデンティティがしっかりと存在するチームなのだ。

 花園でプレーするのは初めてのことゆえ、様々な例外的事象が起きるだろうと大谷ヘッドコーチは予測している。

「たとえば、『もしも、俺がパニックになったら、どうするの?』という問いかけを選手たちにはしています。初めてのことに対しても、全員が意志を統一して戦えるように準備を進めます」

 花園での目標も、選手たちが話し合って決めた。

「選手から上がってきたゴールは、組み合わせ抽選が行われる前でしたが、2試合に勝ち、正月を花園で迎えるというものでした。なかなか高いハードルでしょう。初舞台の1回戦を勝たなければいけないし、2回戦ではシード校と対戦しなければなりません。でも、選手たちがそう決めたからには、目標を達成できるように、ヘッドコーチとして準備していきたいと思います」

 慣れない、初めての舞台であっても、國學院久我山を下した力は本物だ。

 もしも、清宮幸太郎がプレーした野球部と同様、苦境を乗り越えて波に乗ることが出来れば、早稲田実業が冬の台風の目になる可能性は十分にある。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

早稲田実業高校

ラグビーの前後のコラム

ページトップ