プロ野球PRESSBACK NUMBER

またFAで選手が去る西武の朗報は、
松井稼頭央二軍監督、渡辺GM就任。

posted2019/01/06 10:00

 
またFAで選手が去る西武の朗報は、松井稼頭央二軍監督、渡辺GM就任。<Number Web> photograph by Kyodo News

2018年のパ・リーグ王者となった西武。主力が複数人抜ける中で若手の台頭に期待したい。

text by

市川忍

市川忍Shinobu Ichikawa

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 毎年恒例、Number Web版“プロ野球・ゆく年くる年”企画は、全12球団の反省と期待を綴る短期集中連載シリーズ。今年もそれぞれの愛すべきチームについて、しっかりと2018年、そして2019年への思いを発表したいと思います。
 第11回は、浅村栄斗、炭谷銀仁朗、菊池雄星がチームを去った、パ・リーグ王者・埼玉西武ライオンズです!

 去る者は追わず、来る者拒まず。

 埼玉西武ライオンズの取材をしていると、そんな悟りの境地となる。おそらく長年、チームを応援しているファンの方も同じだろう。

 今年もまた浅村栄斗、炭谷銀仁朗の2名がチームを去った。菊池雄星はポスティングシステムを利用して、海外移籍を望んでおり、年内に移籍先が決定するという見方が多い。長年、チームを支えた捕手や3年連続2桁勝利を挙げたエース、打点王に輝いた3番打者を一度に失うのは大いに痛い。

 思えば、ライオンズのファンは毎年、多くの選手をフリーエージェントで見送っている。調べてみると1993年の制度誕生から25年で今年の炭谷、浅村を加えた18名が流出。12球団で1位の数だ。もちろん、フリーエージェントは選手の権利のひとつなので、それを行使することについて何か言うつもりはない。

 しかし、やはり「寂しい」というのがファンの本音だろう。

もう慣れたと強がるとしか。

 わたしも長期間、ライオンズの取材に携わってきた。さすがに工藤公康氏や石毛宏典氏の時代は知らないが、2005年の豊田清氏に始まり、'07年の和田一浩氏、'11年の許銘傑氏へと続き、同年の帆足和幸氏や'12年の中島裕之(現宏之、巨人)、'13年の片岡治大(現巨人)、涌井秀章(現千葉ロッテ)辺りになると、頻繁に取材をさせてもらっていた愛着のある選手だった。急に誰かがその場にいなくなる寂しさは言葉にしようがなかった。

 もう慣れた。そんな言葉で強がるしかなかった。

 その代わり、ライオンズに来た選手は縁がある選手だ。精いっぱい取材して、たくさん記事にさせてもらおう。そう思って記事を書いてきた。ライオンズファンが2018年、阪神からトレードでやってきた榎田大樹や、中日ドラゴンズから移籍した小川龍也を大歓迎し、応援していた気持ちと似ているかもしれない。

【次ページ】 1シーズンを大切にする気持ち。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

埼玉西武ライオンズ
松井稼頭央
辻発彦
渡辺久信

プロ野球の前後のコラム

ページトップ