プロ野球PRESSBACK NUMBER

またFAで選手が去る西武の朗報は、
松井稼頭央二軍監督、渡辺GM就任。 

text by

市川忍

市川忍Shinobu Ichikawa

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2019/01/06 10:00

またFAで選手が去る西武の朗報は、松井稼頭央二軍監督、渡辺GM就任。<Number Web> photograph by Kyodo News

2018年のパ・リーグ王者となった西武。主力が複数人抜ける中で若手の台頭に期待したい。

松井稼頭央二軍監督のもとで。

 2018年まで二軍打撃兼外野守備走塁コーチだった赤田将吾が来季は一軍打撃コーチに就任する。秋季キャンプから一軍に同行し、同じスイッチヒッターとしての経験を持つ赤田コーチは、金子に付きっ切りでアドバイスを送っていた。

 赤田コーチはすぐさま金子の左打席での改善点に着目し、本人に指摘していた。自主トレーニング、春季キャンプを経て金子がどれくらい課題を克服するか、ぜひ注目したい。

 二軍の試合も楽しみである。「二軍の首脳陣がチーム育成には最も重要」と辻監督は常々語っているが、ミスターライオンズと呼ばれた松井稼頭央が指揮を執り、同期の平尾博司がコーチに就任する。

 2人がともに現役時代を過ごした頃の、強く、競争意識の高いライオンズを思うと、若手選手に起こる意識の変革にも注目したい。

 いちばん懸念されるのは、埼玉西武ライオンズというチームが「選手が去っていくチーム」という印象がついてしまうことだ。そんな中、渡辺久信シニアディレクターが、1月1日付けで新たにゼネラルマネジャーに就任することは朗報である。

 この度のFA残留交渉の際にも、渡辺SDがテーブルに付き、説得に尽力したと聞く。何より、移籍が決まったあとの会見で「引き留められなくて申し訳ない」という謝罪の言葉を聞いたのは、筆者が記憶している限りでは渡辺SDが初めてである。6シーズン、一軍監督というチームの最前線で戦ってきた渡辺氏だけに、戦力流出の痛みがわからないはずはない。

 2019年、チーム強化策の変化にも期待し、注目したいと思う。

関連記事

BACK 1 2 3
埼玉西武ライオンズ
松井稼頭央
辻発彦
渡辺久信

プロ野球の前後の記事

ページトップ