イチ流に触れてBACK NUMBER

イチロー、マリナーズ本拠地への愛。
「当たり前にあることが本当に最高」 

text by

笹田幸嗣

笹田幸嗣Koji Sasada

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2018/12/25 08:00

イチロー、マリナーズ本拠地への愛。「当たり前にあることが本当に最高」<Number Web> photograph by Getty Images

2018年、トレーニングを続けてきたイチロー。45歳で迎える2019年開幕戦で再び勇姿が見られるか。

2019年の新しいチャレンジ。

 2019年シーズン。既にマリナーズのジェリー・ディポトGMは3月20日、21日に東京ドームで行われるアスレチックスとの日本開幕戦でイチローのロースター入りを公言している。米国に戻ってからの再開幕は3月28日からのレッドソックス4連戦。戦いの場は新たなるホーム、「Tモバイル・パーク」となる。

「僕は野球の研究者でいたい。自分がアスリートとして、この先どうなって行くのかと言うのを見てみたい。プレーしていなかったとしても、毎日鍛錬を重ねることでどうなれるのかを見てみたい。新しいチャレンジであることは間違いない」

 不可能と言われ続けながら、常にそれを可能に変えて来た自負がイチローにはある。

「セーフコ・フィールド」から「Tモバイル・パーク」へ。2019年、イチローの新たなる挑戦が始まる。

関連記事

BACK 1 2 3
イチロー
シアトル・マリナーズ

MLBの前後の記事

ページトップ