SCORE CARDBACK NUMBER

巨人では歯痒い存在だった。
中井大介は移籍で輝けるか。
~トライアウト経由DeNA行き、開花するか~

posted2018/12/19 15:00

 
巨人では歯痒い存在だった。中井大介は移籍で輝けるか。~トライアウト経由DeNA行き、開花するか~<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

'17年に自己最多90試合出場で5本塁打を放つも、'18年は低迷。DeNAでは二塁手、右の代打として期待される。

text by

石田雄太

石田雄太Yuta Ishida

PROFILE

photograph by

NIKKAN SPORTS

 多摩丘陵にあるジャイアンツ球場に足繁く通ったG党にとって、彼は常に歯痒い存在だったに違いない。一軍では10年で161本のヒットしか打てなかったものの、二軍では11年で699本のヒットを放った。ジャイアンツの中井大介はいつもそこそこの期待をかけられ、その期待を裏切ってきた。

 プロ5年目の2012年、二軍で最多安打と打点王のタイトルを獲得。6年目には一軍で48試合に出場し、打率.324と結果を残した。当時、中井はこう言っていた。

「チャンスをもらっているうちに結果を残さなきゃ、ということはわかっています。しかも、それを続けなければこのチームでは認めてもらえない。だから結果を欲しがって、思い切りが悪くなってしまうんです。そこを越えなければ、次はないと思っています」

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

中井大介
横浜DeNAベイスターズ
読売ジャイアンツ

プロ野球の前後のコラム

ページトップ