オリンピックへの道BACK NUMBER

高橋大輔が全日本の舞台に帰還。
氷上で常に明るく、希望を持って。 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byAsami Enomoto

posted2018/12/19 17:00

高橋大輔が全日本の舞台に帰還。氷上で常に明るく、希望を持って。<Number Web> photograph by Asami Enomoto

高橋大輔の復帰戦となった近畿選手権、3位に終わったが演技後には朗らかな表情を見せていた。

希望を持った自分を発見。

 それぞれの思い――高橋にとっては、好きでたまらないから滑る、そんな心持ちとともに、復帰後を歩んできたかのように見える。新たなフィギュアスケートの「発見」でもあり、そのために必要だったのが、この4年間であったのだ。

「どこまで成長できるんだろうと、希望を持っていられる自分がいいなと思って滑っています」

 西日本選手権での言葉だ。

 そして、復帰後の目標としてきた全日本選手権出場は、現実となった。

 戻ってきた、いや、新たなスタートを切って進んできた高橋大輔は、復帰してから3つ目の大会でも、希望とともに滑るだろう。

 それは氷上でどう体現されるのか。

 今はただ、そのときを待つだけだ。

関連コラム

BACK 1 2 3
高橋大輔

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ