沸騰! 日本サラブ列島BACK NUMBER

朝日杯FSを勝って2歳女王になる。
大器グランアレグリアの大きな野望。

posted2018/12/15 08:00

 
朝日杯FSを勝って2歳女王になる。大器グランアレグリアの大きな野望。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

前走はデビュー戦からプラス18キロで出走しての勝利。グランアレグリアの底はまだ見えていない。

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph by

NIKKAN SPORTS

 このレースは「2歳王者決定戦」と「2歳女王決定戦」のどちらになるのだろう。あるいは、どちらにもならないのだろうか。

 今週の第70回朝日杯フューチュリティステークス(12月16日、阪神芝外回り1600m、2歳GI)には、世代ナンバーワンの呼び声高い、強豪牝馬のグランアレグリア(父ディープインパクト、美浦・藤沢和雄厩舎)が出走する。

 牡馬も出走した新馬、重賞を2戦2勝。新馬戦では、先週の阪神ジュベナイルフィリーズを制したダノンファンタジーを2馬身突き放した。勝ちタイムは、芝1600mの2歳新馬戦史上最速の1分33秒6。つづくGIIIサウジアラビアロイヤルカップでは、出遅れて後方を進みながら、流れが遅いと見るや、2番手まで押し上げて折り合い、2着を3馬身半切って捨てた。

 牝馬でありながら阪神ジュベナイルフィリーズに出なかったのは、主戦のクリストフ・ルメールが、香港遠征で不在だったため。それに加え、僚馬シェーングランツ(4着)とのバッティングを避けた部分もあったのではないか。

過去の朝日杯勝利牝馬をみると。

 朝日杯は、条件が何度か変わっており、芝1600mになったのは1962年の第14回から。1991年から2003年まで牝馬は出走できず、2014年から舞台が阪神ジュベナイルフィリーズと同じ阪神芝外回り1600mになった。

 グランアレグリアが勝てば、1980年のテンモン以来38年ぶり、史上8頭目の牝馬の勝利となる。かつての牝馬の優勝馬には、1982年の年度代表馬ヒカリデユールの3代母のキタノヒカリ、GI5勝牝馬メジロドーベルの3代母で、2015年の年度代表馬モーリスの4代母でもあるメジロボサツなどがいる。

 そのクラスの名牝でなければ勝てないとも言えるし、勝てば歴史的名牝への第一歩を踏み出すとも言える。グランアレグリアが勝てば、おそらく、今年度の最優秀2歳牝馬、つまり、2歳女王に選出されるだろう。

【次ページ】 朝日杯7戦3勝のミルコ。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

グランアレグリア

競馬の前後のコラム

ページトップ