沸騰! 日本サラブ列島BACK NUMBER

朝日杯FSを勝って2歳女王になる。
大器グランアレグリアの大きな野望。 

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2018/12/15 08:00

朝日杯FSを勝って2歳女王になる。大器グランアレグリアの大きな野望。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

前走はデビュー戦からプラス18キロで出走しての勝利。グランアレグリアの底はまだ見えていない。

勝てば2歳王者、とは限らない難しさ。

 ここで印を。

◎グランアレグリア
○アドマイヤマーズ
▲ファンタジスト
△ケイデンスコール
×ニホンピロヘンソン

 ◎○△が、今年すでにGIを年間最多記録となる13勝しているノーザンファームの生産馬だ。

 牡馬が勝って2歳王者となるには、勝ち方が問われる。というのは、札幌2歳ステークスと東京スポーツ杯を連勝中のニシノデイジーが12月28日のホープフルステークスを勝てば、そちらが2歳王者に選出される可能性が出てくるからだ。ニシノデイジー以外の馬でも、ちぎったり、ものすごい脚で差し切ったりというインパクト次第で、そちらに王座が行くかもしれない。

 ふと思ったのだが、もし牝馬がホープフルステークスを勝ったらどうなるのだろう。

 こんなふうにあれこれ考えてしまうのは、ホープフルステークスが昨年GIに昇格したばかりで、まだ立ち位置が定まらないからか。

 ともあれ、今週の朝日杯が、同コース、同距離の阪神ジュベナイルに負けない好レースになることを期待したい。

関連記事

BACK 1 2 3
グランアレグリア

競馬の前後の記事

ページトップ