競馬PRESSBACK NUMBER

日本馬の海外GI、今年は勝利できず。
香港国際の3つの2着に感じた無念。

posted2018/12/14 17:30

 
日本馬の海外GI、今年は勝利できず。香港国際の3つの2着に感じた無念。<Number Web> photograph by Satoshi Hiramatsu

JRA年間最多勝記録がかかるルメールだが、この週末は香港での騎乗を選んだ。

text by

平松さとし

平松さとしSatoshi Hiramatsu

PROFILE

photograph by

Satoshi Hiramatsu

 12月9日、香港沙田競馬場で行われた4つの国際レース。これに9頭の日本調教馬が出走したが、残念ながら先頭でゴールを切る馬は現れなかった。

 今回はこの4レースと、今年1年の日本調教馬の海外遠征を振り返ってみよう。

 今年の香港国際レース、開催日は曇天で気温は16度前後。本格的に雨が降ることこそなかったが、肌寒い1日となった。

 4つの国際レースの先陣を切って行われたのは芝2400mの香港ヴァーズ(GI)。この日の第4レースとして行われたこのレースに、日本からはクロコスミア(牝5歳、栗東・西浦勝一厩舎)とリスグラシュー(牝4歳、栗東・矢作芳人厩舎)の2頭が挑戦。地元香港馬とヨーロッパからの遠征馬、計12頭を相手に戦った。

 クロコスミアは果敢にハナを奪ったが、スタート直後に右後肢を落鉄。また、火曜日に最終追い切りをした後、馬場入りを控えたにも関わらず、金曜日の計量では前走比-11kgとなる425kgだったことも影響があったのか、直線では力尽きて10着に沈んだ。

リスグラシューは大健闘の2着。

 一方、リスグラシューは大健闘。序盤は後方から進むも徐々に追い上げ、直線では、早目に抜け出したエグザルタントを完全に捉える勢いで追い上げた。そして、1度はかわしたが、そこから差し返され、結果クビ差の2着と惜敗した。

 このカテゴリーは元来、香港馬は弱く、2013年にドミナントが優勝したのが過去唯一の勝利例。今回もフランスから凱旋門賞やブリーダーズカップターフでそれぞれ4、5着したヴァルトガイストなどがやって来て、ヨーロッパ勢が上位かと思われたが、地元馬が制覇。伏兵の激走にエリザベス女王杯の勝ち馬は屈してしまった。

 続いて第5レースで行われたのが芝1200mの香港スプリント(GI)。

 こちらには高松宮記念とスプリンターズSというJRAには2つしかない芝スプリントのGIを共に制したファインニードル(牡5歳、栗東・高橋義忠厩舎)が出走した。

【次ページ】 スプリントは香港勢の独壇場。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ディアドラ
ファインニードル
リスグラシュー

競馬の前後のコラム

ページトップ