“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

あの一瞬が無ければ湘南が16位に!?
岡本拓也、超ファインプレーの真実。 

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph byTakahito Ando

posted2018/12/03 17:00

あの一瞬が無ければ湘南が16位に!?岡本拓也、超ファインプレーの真実。<Number Web> photograph by Takahito Ando

あの一瞬だけでなく、他のプレーでも獅子奮迅の活躍を見せていた岡本拓也。

岡本の捨て身の超ファインプレー!

 岡本がシャビエルに向かって一直線にダッシュ。

 シャビエルが強烈なインパクトで左足ハーフボレーを放った瞬間、左正面からトップスピードのまま滑り込む形で左足を差し出して、完璧なシュートブロック!

 ボールは勢いをそのままに高く上空へと舞い上がり、ペナルティーエリアの外に飛んでいった。当のブロックした岡本と言えば、凄まじいスピードのままに勢い余ってその場で後転していた……それほどまでの全力ダッシュで、まさに「捨て身」の起死回生の超ファインブロックだったのだ。

 クロスが上がったシーン。岡本はジョーではなく、ジョーの裏のスペースを狙ってファーサイドに流れていたMF秋山陽介のマークに付いていた。だが、味方の3人がジョーと競り合って、秋元が弾いたのを確認すると、彼の目は瞬時にそのボールの先にいるシャビエルを捉えていたという。

「あそこは『身体を投げ出さないといけない場面』でしたので。もう、身体が勝手に動いていましたね」(岡本)

 これは岡本の身体に染み付いた「当たり前の行動」だったのだ――。

「ウチのチームでは『スタンダード』」

 あの瞬間にじっくりと考えている時間は一切無かった。少しでも考えていたら対応が遅れ、シャビエルのダイレクトシュートは間違いなくゴールに入っていただろう。

 試合を2-2で終えた直後、岡本にこのシーンについて質問してみると、岡本は自信にあふれた表情でこうコメントした。

「ウチのチームではあれが『スタンダード』で、あれをやらないと試合に出られないんです。

 何と言うんですかね……もうウチにとってああいう場面での身体を張ったプレーは『習慣』ですからね」

 この答えから、筆者とのやりとりが始まった。

【次ページ】 身体を張らない選手は湘南にはいない。

BACK 1 2 3 4 5 6 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

岡本拓也
湘南ベルマーレ
名古屋グランパス
ジョー
梅崎司
金子大毅
菊地俊介
山根視来
曹貴裁

Jリーグの前後のコラム

ページトップ