JリーグPRESSBACK NUMBER

横浜FC、J1への道は断たれても。
「やり切ったので悔いはないです」

posted2018/12/03 17:50

 
横浜FC、J1への道は断たれても。「やり切ったので悔いはないです」<Number Web> photograph by J.LEAGUE

横浜FCの手がJ1に届くことはなかった。しかし、リーグ戦を3位で戦い抜いた実力は偽者ではない。

text by

熊崎敬

熊崎敬Takashi Kumazaki

PROFILE

photograph by

J.LEAGUE

 アディショナルタイム90+6分での失点。横浜FCにとっては悔やんでも悔やみきれない敗戦となった。

 東京Vが大宮を下した1回戦に続いての1-0、2試合ともゴールはセットプレーから生まれた。それはプレーオフらしい決着といってもいい。

 下位にとっては一戦必勝、上位にとって絶対に負けられないプレーオフは緊張感が高く、厳しいプレッシャーの中でのゲームとなる。こういう試合では、セットプレーが重要性を帯びてくる。流れの中でプレッシャーをかいくぐり、ゴールを決められるほどJ2は技術レベルが高くはないからだ。

 さて、敗れた横浜FCのタバレス監督は淡々と試合を振り返った。

「全体的にはいいゲームをしたと思う。0-0の引き分けを狙ったわけではなく、多くのチャンスを作った。ただJ1に上がるには、多くのものが欠けていた」

 そういって指揮官は、欠けているものをふたつ挙げた。

「このチームには、負傷した選手を回復させる体制に問題がある。レアンドロ・ドミンゲスもしっかり回復させられれば、この試合に間に合っていただろう。(途中出場)の戸島章も万全ではなかった」

 もうひとつは、ゴールを決める力について。

「この試合での我々の問題は、数々のチャンスを決められなかったこと。そうなると最後に痛手を負う。それがサッカーというものだ」

レドミがこの試合にいれば。

 指揮官の言葉には説得力がある。

 今季11ゴール14アシストと傑出した数字を残したレアンドロ・ドミンゲスは、この大一番を欠場した。2週間前の最終節で右足を負傷。前日練習には参加したが、間に合わなかった。

 多くの決定機を作りながら、ひとつも決められなかったことを考えると、プレッシャーの中でも狙ったところに蹴れる彼がいたら、という思いは残るだろう。

【次ページ】 ゲームプランは完璧に遂行したが。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

オスカル・タバレス
横浜FC

Jリーグの前後のコラム

ページトップ