箱根駅伝2019BACK NUMBER

伝統の「W」は復調するか?
早稲田大学の最強ルーキーが照らす未来とは。 

text by

小堀隆司

小堀隆司Takashi Kohori

PROFILE

photograph byShunsuke Mizukami

posted2018/11/30 13:10

伝統の「W」は復調するか?早稲田大学の最強ルーキーが照らす未来とは。<Number Web> photograph by Shunsuke Mizukami

全日本大学駅伝では7人抜きの快走。チームを一時、シード圏内にまで引き上げた。

ゲームチェンジャー的な存在に。

「特に箱根駅伝に強い憧れはないんですけど、駅伝にはチームで勝つ喜びがあります。今は、こんな低いところで勝負しているわけにはいかないというもどかしさがあるので、駅伝をしっかりトラックにも生かしていくという考えで長い距離にも対応していきたいです。自分としては、走りでチームに刺激を与えられる存在になれればと。平坦な走りやすい区間で、ゲームチェンジャー的な存在になりたいです」

 大迫がルーキーの時、箱根駅伝の1区を走り、2位に大差をつけて区間賞を奪ったのは今も語り草だ。中谷もまた、初の箱根駅伝でそんな役割を果たせれば、1年生に有力な選手が揃う若いチームは勢いに乗るだろう。

 ルーキーに過度なプレッシャーはかけたくないが、つい期待したくなるような良い雰囲気を持っている。

 世代No.1の彼にも、ライバル視する選手はいるのだろうか。

「あまり特定の選手は意識してません。誰かを意識すると、その隙に他の選手が強くなっていることもあるので。でも、飯田(貴之、青山学院大学)や湯原(慶吾、青山学院大学)はハーフで良い記録を出してますし、世界ジュニアに一緒に行った三浦(拓朗、中央大学)も強い。やっぱり同学年には負けたくないですね。ハーフまではしっかり記録を残して、負けないようにしたいです」

 趣味は走ること、テレビはほとんど見ませんと語る、陸上競技一途な19歳。初めての箱根路でどんな走りを見せてくれるのか。伝説はまだ始まったばかりだ。

関連コラム

BACK 1 2 3

ページトップ