サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

「堂安と冨安は刺激だし、悔しい」
五輪世代に次なる森保J候補が3人。 

text by

林遼平

林遼平Ryohei Hayashi

PROFILE

photograph byJFA/AFLO

posted2018/11/25 11:30

「堂安と冨安は刺激だし、悔しい」五輪世代に次なる森保J候補が3人。<Number Web> photograph by JFA/AFLO

今年9月、A代表に招集された伊藤達哉(左)。冨安健洋ら同世代との出世争いは激しさを増す。

森保監督が兼任だからこそ。

「僕はもともと守備の選手だし、そこの安定感を出しつつも、攻撃でどれだけ関われるかをイメージしてやっていた。そこの上下動と守備の面に関してはある程度やれたと思うし、そこの手応えはあった」

 こう語るように、確かな自信を手にできたことは今後につながるだろう。

 先日のキルギス戦では山中亮輔(横浜FM)が結果を残したが、A代表に対しても「ちょっとずつ現実味を帯びてきたところはある。それなら本当に選ばれたいし、そういう思いは強くなってきた」と杉岡は語る。Jリーグでしっかりアピールを続けることで、A代表への扉を開いていきたいところである。

 東京五輪世代からA代表へ。森保監督が兼任監督となり堂安や冨安といった若手が起用され始めていることからも、世代間の融合がスムーズになったことがわかる。だからこそ、そこに続いていく選手が出てくることで、より日本代表の競争を激しくしていかなければならないのだ。

 自分たちが所属しているリーグで存在感を発揮し、五輪代表でも結果を残す。そして、さらに上を見据える。

 東京五輪世代の選手たちは、A代表が遠くない存在となったいまだからこそ、その舞台へ上がるためのさらなる成長が求められている。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

森保一
堂安律
冨安健洋
伊藤達哉
中山雄太
杉岡大暉
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ