ラグビーPRESSBACK NUMBER

ラグビー界のパイオニア村田亙、
母校専修大をフランス式で強化中。 

text by

多羅正崇

多羅正崇Masataka Tara

PROFILE

photograph byMasataka Tara

posted2018/11/26 10:30

ラグビー界のパイオニア村田亙、母校専修大をフランス式で強化中。<Number Web> photograph by Masataka Tara

かつての名選手、村田亙がノウハウを授けた専修大の今後に注目だ。

まるでトルシエのように。

 指導方法にもフレンチ・スタイルを採り入れている。

「フランスに行ったとき、コーチ陣がみんな動いていたんですよね。座っていない。動けるうちは動いて教えてあげた方が良いと思っているので、サッカーのトルシエ監督のように、身振り手振りで」

 厳しい練習にも積極的に参加している。1年生の堀田は「フィットネス練習に参加されたりするので、一緒に練習をしているという感じです」。

 なぜ練習に加わるのか。その理由はいかにも40歳まで現役を続けた鉄人らしいものだった。

「フィットネス練習は、『どれくらいきついんだろう』と思って一緒に走ったりします。選手も一緒にいることで『やらなきゃ』と思うでしょう。監督に負けるわけにはいかないでしょうし」

 日本ラグビーの先頭を走ったパイオニアは、舞台を大学ラグビーに移し、今も現役で走り続けている。

関連記事

BACK 1 2 3
村田亙
専修大学

ラグビーの前後の記事

ページトップ