SCORE CARDBACK NUMBER

選考基準クリアで沢村賞。
菅野智之が数字と戦う理由。
~7つの基準をすべて達成して格別の受賞~

posted2018/11/18 17:00

 
選考基準クリアで沢村賞。菅野智之が数字と戦う理由。~7つの基準をすべて達成して格別の受賞~<Number Web> photograph by KYODO

2年連続受賞は杉下茂、金田正一、村山実、斎藤雅樹に次ぐ5人目。シーズン8完封以上は鈴木啓示以来40年ぶり。

text by

石田雄太

石田雄太Yuta Ishida

PROFILE

photograph by

KYODO

 沢村賞の選考基準は7つある。それをすべて満たすことは今の野球では難しいと、今年から補足基準が設けられた。それがクオリティ・スタート(7回以上、自責点3以内)の達成率だった。しかしそんな数字を検討するまでもなく、圧巻の数字を残した菅野智之が、史上5人目となる2年連続での沢村賞を獲得した(以下、カッコ内は選考基準値)。

 15勝(15以上)、200奪三振(150以上)、10完投(10以上)、202投球回数(200以上)、防御率2.14(2.50以下)、28登板(25以上)、勝率.652(6割以上)。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

菅野智之
読売ジャイアンツ

プロ野球の前後のコラム

ページトップ