競馬PRESSBACK NUMBER

アーモンドアイが最強馬へ進化中。
ルメールも「JC、自信あります」。

posted2018/11/16 11:30

 
アーモンドアイが最強馬へ進化中。ルメールも「JC、自信あります」。<Number Web> photograph by Satoshi Hiramatsu

11月15日、美浦トレーニングセンターで1週前追い切りを行うアーモンドアイ。

text by

平松さとし

平松さとしSatoshi Hiramatsu

PROFILE

photograph by

Satoshi Hiramatsu

 11月15日、早朝の美浦トレーニングセンター。前日の朝は栗東トレセンで顔を合わせたクリストフ・ルメール騎手の姿がそこにあった。

「スペシャルフィリーに乗りに来ました」

 長距離移動にも疲れた表情を見せず、にっこりと笑う彼の視線の先には新しい女王・アーモンドアイがいた。

 すぐにこの3冠牝馬に跨ると、管理する国枝栄調教師が見守る中、同厩の2頭と共に南馬場へと続くトンネルへと消えていった。

 コースの下をくぐり、内側にある角馬場に姿を現したのはそのすぐ後。ウッドチップコースにハローがかけられる間、ここで前運動を行うと、馬場がならされた直後に先導する僚馬2頭を追いかけるようにして、コースに入った。

 この時「う~ん、さすが!!」と声をあげたのは国枝調教師だ。

「コースに出れば走らされるのは分かっているから、普段は少しゴネたり嫌がる素振りを見せるけど、クリストフが乗ると本当にスムーズに入って行く……」

1週前追い切りで「サァッ」と。

 10月14日に秋華賞(GI)を優勝したアーモンドアイ。新たな標的としてジャパンカップ(11月25日、東京競馬場、芝2400m、GI)を目指す彼女は、牝馬3冠馬となった後、ノーザンファーム天栄に短期放牧された。美浦トレセンに戻って来たのは11月8日。

「その週末には少し速いところをやり、その後、クリストフを乗せての1週前追い切り」(国枝調教師)が、まさにこの日だった。

「『今日のところは前を追いかけて、最後は内からサァッと行ってください』と指示しました」と指揮官。かわせという意味か、併入か? と改めて問うと「かわしちゃうだろうね」と笑って言う。

 時計的にはどのくらいを目処にしているのか問うと「66(1000m)くらいかな」と答えた。

【次ページ】 「また成長したみたい。凄い馬です」

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

アーモンドアイ
クリストフ・ルメール
国枝栄

競馬の前後のコラム

ページトップ