スペインサッカー、美学と不条理BACK NUMBER

遅刻魔デンベレはバルサのお荷物?
プジョルから届いた、愛ある説教。 

text by

工藤拓

工藤拓Taku Kudo

PROFILE

photograph byUniphoto press

posted2018/11/18 11:00

遅刻魔デンベレはバルサのお荷物?プジョルから届いた、愛ある説教。<Number Web> photograph by Uniphoto press

そのスピードはドルトムント時代から圧倒的だったデンベレ。才能を生かすために、人間性も高めてほしい。

闘将プジョルからのお言葉。

 デンベレに届けたい言葉がある。バルセロニスモのカリスマ、カルレス・プジョルからのメッセージだ。

「彼の周囲には優秀な師匠たちがいる。彼らのサポートを得られることは間違いないが、それも本人の意識次第だ。彼自身が反省し、自分が何処にいるのか理解する必要がある。時に若者は無自覚のまま大きなチャンスを逃し、気付いた時には手遅れになっていることがあるものだから」

 そして我らが闘将はこう付け加えた。

「ピケはようやくフットボールが24時間続くものだと気づいたようだね。素晴らしいことだ」

 そう、ピケも昔は監督を悩ませる問題児だったのだ。

 デンベレもいつの日か、自身の過ちを教訓として若手に説教できるような選手になれるだろうか。

関連記事

BACK 1 2 3 4
ウスマン・デンベレ
バルセロナ
エルネスト・バルベルデ
カルレス・プジョル
ジェラール・ピケ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ