バレーボールPRESSBACK NUMBER

「45歳まで現役でバレーを続ける」
清水邦広は全治12カ月にも前向き。 

text by

田中夕子

田中夕子Yuko Tanaka

PROFILE

photograph byYuko Tanaka

posted2018/11/14 07:30

「45歳まで現役でバレーを続ける」清水邦広は全治12カ月にも前向き。<Number Web> photograph by Yuko Tanaka

今年2月、選手生命を脅かす大怪我を負ったが、地道にリハビリに励み、復帰を目指す。

スパイクも打てるように。

 Vリーグも新シーズンが開幕し、土日の試合に合わせた練習メニューをこなす選手と同様に、清水も月曜から日曜までウェイトトレーニングや複数の動きを組み合わせたアジリティトレーニング、ボールを使った練習を行なう。

 ケガをした右脚の筋力も左脚と比較して90%まで回復し、国体後からジャンプも許可された。30cmの台に両脚で飛び上がることから始めた練習も着々と高さが増し、今は助走をして2mのネットでスパイクも打てるようになった。

 順調に回復しているとはいえ、慎重を期すため当初のスケジュールよりも復帰予定が遅れ、「またか」と落胆することもある。

 それでも、諦めるわけにはいかない。

「選手としてやる、と決めた以上はVリーグで優勝したいし、その先には東京オリンピック、代表があると信じているので、常に結果を出し続けていきたいですよね」

バレーをアピールしなきゃ。

 選手として東京五輪を目指す。揺らがぬ目標を抱く一方で、メンタルコーチングを通して、30代、40代、1人の人間、清水邦広として、これからの設計図も描いた。

「しょうもないことばっかりですよ。39歳で再婚して(笑)、インドアだけじゃなくビーチバレーも含めて45歳まで現役を続ける。子供ができたら一緒に夢を追って、72歳ぐらいで孫のバレーボールチームの監督をやれたら最高。ずっとバレーボールに携わっていたいから、まずは今、Vリーグを知ってもらわないといけない。バレーボール教室でもビラ配りでも何でもいい。たくさんの人にVリーグ、バレーボールをアピールしなきゃ、ですよね」

 困難も苦しみも、すべてこの瞬間のためだったんだ。そう心から思える日が来たら、コートでどんな表情を見せるのか。

「まだ見えてこないけど、楽しみですよね。いや、でも泣くかな」

 その瞬間が来たら大いに泣き、大いに笑おう。諦めなくてよかった、と。その日に向けて今はしっかり、ゆっくり、一歩ずつ。描く未来を叶えるために。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

清水邦広
パナソニックパンサーズ

バレーボールの前後のコラム

ページトップ