オリンピックへの道BACK NUMBER

生きること=フィギュアスケート。
日本の超新星・紀平梨花の秘密。

posted2018/11/12 12:30

 
生きること=フィギュアスケート。日本の超新星・紀平梨花の秘密。<Number Web> photograph by Asami Enomoto

見事な3アクセル、そしてジャンプ以外の演技もすべて完璧だった……万能選手・紀平梨花。

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph by

Asami Enomoto

 演技が終わった瞬間、観客席はスタンディングオベーションと歓声で称えた。

 11月10日、フィギュアスケートのNHK杯女子フリー。紀平梨花は圧巻というほかない演技で優勝を飾った。

 紀平は今シーズンからシニアに移行した高校1年生。このNHK杯は、グランプリ(GP)シリーズのデビュー戦でもあった。

 ショートプログラムは、冒頭のトリプルアクセルで「踏切りが早くなっているんじゃないか」と公式練習で抱いた不安が出て転倒し、5位で終えた。

 迎えたフリー。冒頭、当初予定していたトリプルアクセル-ダブルトウループではなく、2つめのジャンプを3回転と、難度をあげて成功。続くトリプルアクセルも成功させると、スピード感あふれる演技を披露する。

 ショートからの切り替えに成功した理由をこう語る。

「(朝の練習で)変な踏み切りでもきれいに着氷しているとそのイメージで行けてしまうことがあるので。悪い踏み切りのときは跳ばないで、いい踏み切りができたイメージを覚えるようにしました」

「ガッツポーズせずには……」

「最後まで集中できました。濱田(美栄)コーチが『昨日はふわっとしたまま出てしまったから、闘争心を燃やしたほうがいいかな』と言ってくださって。いつもはにっこりして、リラックスしすぎているかなという感じで出ていたんですよ。今日は今までにないくらい集中しました。笑顔が少なかったかなっていうくらい」

 終わってみれば、一度も失敗のない演技に、紀平は両拳を突き上げた。

「ガッツポーズせずにはいられなかった(笑)」

 得点は154.72。総合得点224.31で、逆転優勝を飾ったのである。

【次ページ】 記録が裏付ける、その圧倒的実力!

1 2 3 4 NEXT
紀平梨花
濱田美栄

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ