メジャーリーグPRESSBACK NUMBER

レッドソックス世界一への戦略は、
データ+オールドスタイルの回帰。 

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2018/11/12 10:00

レッドソックス世界一への戦略は、データ+オールドスタイルの回帰。<Number Web> photograph by Getty Images

5年ぶりワールドシリーズ制覇のレッドソックス。MVPにはシリーズ8打点を記録したスティーブ・ピアーズが選ばれた。

「大事なのはバランスだ」

 その結果、'16年、'17年は地区優勝を飾った。だが、プレーオフでは地区シリーズで敗退した。つまり、何かが、不足していた。

 そのピースを埋めたのが、アレックス・コーラ監督だった。データや統計を駆使し、昨季世界一となったアストロズでベンチコーチを務めたコーラは、レッドソックスとの面談の際、オーナーら首脳陣だけでなく、分析担当者とも話し合いを行ったという。

 テーマは、データの使い方だった。

「我々は多くの情報を得るだろうし、それを使うだろう。ただ、大事なのはバランスだ」

 データを利用するとしても、使い過ぎず、頼り過ぎない。

 実際、ポストシーズンでは、相手の守備シフトの裏を突くような打撃もあれば、初球エンドラン、ディレードスチール、送りバントなど、「スモールベースボール」の要素もふんだんに織り交ぜ、敵を揺さぶった。

 公式戦108勝、ポストシーズン11勝。

 今季、レッドソックスが見せた、柔軟性に富んだ戦術、戦略が、今後、メジャー全体に影響を与える可能性は高い。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ボストン・レッドソックス
セオ・エプスタイン

MLBの前後のコラム

ページトップ