ラグビーPRESSBACK NUMBER

「スポーツの本質は遊びでしょう?」
ラグビー伝説の名将・春口廣の今。 

text by

多羅正崇

多羅正崇Masataka Tara

PROFILE

photograph byMasataka Tara

posted2018/11/11 09:00

「スポーツの本質は遊びでしょう?」ラグビー伝説の名将・春口廣の今。<Number Web> photograph by Masataka Tara

なんとも楽しそうに子供たちにラグビーを教える春口廣氏。ストイックになりがちな日本スポーツ界で貴重な存在だ。

「スポーツの本質は遊びでしょう?」

 それでも3部チームを大学王者に育てた人は強靱だ。「アカデミーの最終的な夢は、クラブチームを作ること」と意気込んでいる。

 1974年の監督就任当時、部員はわずか8人だった。Hポールすらないグラウンドから伝説を始めた。

 今度は専用グラウンドもないところからの再スタートだけれど、春口さんの行くところには笑顔がある。アカデミーのポリシーは楽しむことだ。

「エンジョイラグビー。いろんな人に楽しんでもらう。そこがベースだね。スポーツの本質は遊びでしょう? 基本的に、そこに笑顔がなきゃね」

 その笑顔と同じくらい、春口さんの言葉はキラキラと輝いている。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

春口廣

ラグビーの前後のコラム

ページトップ