SCORE CARDBACK NUMBER

「普通」にウルグアイ撃破!
日本代表は固有名詞の時代へ。
~南野、中島、堂安という才能の愉悦~

posted2018/10/30 15:00

 
「普通」にウルグアイ撃破!日本代表は固有名詞の時代へ。~南野、中島、堂安という才能の愉悦~<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

ウルグアイ戦では、2列目に並んだ堂安、南野、中島が躍動した。南野は森保体制初戦から3試合連続4ゴール。

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph by

Takuya Sugiyama

 いやはや凄いことになっている。初陣から無傷の3連勝を飾った森保ジャパンのことだ。

 衝撃はロシアW杯8強の強豪ウルグアイを破った一戦だろう。奇策を打ったわけではない。ひたすら守り抜いて勝運を呼び込んだわけでもない。それこそ、普通に戦って、普通に勝った。そんな印象が強い。

 森保一監督の手掛けるチームは、いかにもメディアが飛びつきそうなキャッチコピーを持たない。コンセプトは全員攻撃・全員守備だが、現代ではごく「普通」のことだ。

 4-2-3-1という陣形も含め、とても標準的である。ただし、洋モノ感満載の世界標準とは違う。多くの日本人になじみの深い『日本標準』のフットボールだ。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

森保一
カタールW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ