プロ野球PRESSBACK NUMBER

西武の熱男・山田遥楓の憧れ。
松田宣浩は「常に目標とする人」 

text by

市川忍

市川忍Shinobu Ichikawa

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2018/11/01 10:00

西武の熱男・山田遥楓の憧れ。松田宣浩は「常に目標とする人」<Number Web> photograph by Kyodo News

今季はプロ入り初ホームランも記録した山田遥楓。熱い男はまずは一軍定着を目指している。

守備は源田に、打撃は山川に習う。

 2018年シーズンは山田にとって、プロ入り後、最も多くの時間を一軍で過ごした1年だった。しかし結果は19打席で1安打。ヒットはプロ入り初ホームランだけに終わった。

 それでも、来季へつながる収穫は多かった。

 課題だと言われている守備は、チームの先輩である源田壮亮に教えを乞うた。「一軍の打者は足が速いので、何歩もステップを踏んで投げていると間に合わない」とアドバイスされ、二軍降格のあとも、少ないステップで「足の運び方」を意識し、送球する練習を積んだ。

 打撃面では今シーズン、本塁打王に輝いた山川がつきっきりで練習を見てくれた。クライマックスシリーズ、ファイナルステージの試合が終わったあと、室内練習場には山田と山川がボールを打つ音が響いていた。

 クライマックスシリーズでのベンチ入りは果たせなかったが、来シーズンに向けて、宝となるであろう貴重な経験を積んだ。

 次の目標は一軍に定着し、ライオンズの優勝に貢献することだ。

「そして、将来は自分が松田さんに憧れたように、自分も子供たちに憧れてもらえるような選手になりたいです」

 もちろん、今年、叶わなかった憧れの人と同じファイナルステージで戦い、成長した姿を見せることも山田の目標のひとつである。

関連記事

BACK 1 2 3
山田遥楓
埼玉西武ライオンズ
松田宣浩

プロ野球の前後の記事

ページトップ