日々是バスケBACK NUMBER

田臥勇太以来の日本人NBA選手も、
渡邊雄太「まだスタートライン」。 

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph byAP/AFLO

posted2018/10/30 07:00

田臥勇太以来の日本人NBA選手も、渡邊雄太「まだスタートライン」。<Number Web> photograph by AP/AFLO

渡邊のデビュー戦となったフェニックス・サンズ戦。チームは117-96で勝利した。

「きょうは本当にオマケみたいなもの」

 もっとも、渡邊にとっての日常はまだ続いている。

 目標としてきたNBAレギュラーシーズンのコートに立てたことについて聞かれると、渡邊はまずは「素直に嬉しい」と喜んだ。「ずっと自分が目標としてきた舞台ですし、そこで、たったの4分間ですけれどプレーして、しっかり点も取れたっていうのは、きょうの試合のことは今後の自分の記憶の中にずっと残るだろうなと思います」とも言った。

 しかし、それで満足してしまうわけではなかった。現実はしっかり見えていた。

「きょうはどっちかというと、本当にオマケみたいなもの。チームメイトのみんなが頑張って点差をあけて、コートに立たせてくれた。自分が必要だからコートに出たとか、そういう場面ではなかった。コートに立てたっていうことは当然すばらしいことだと思うんですけれど、正直、まだまだ自分のなかで満足はしていませんし、あくまで、本当にスタートラインに立っただけだなっていう感じですね。今後、もっと重要な時間で試合に出たり、ローテーション入りを果たしたりだとか、そういうことが目標です」

 目標としていたNBAの世界は、毎日、目の前にあったやるべきことを続けてきた結果、日常生活の中に入ってきた。

 それでも、渡邊の日常が変わるわけではない。フリースローラインに立ち、ドリブル2回、ボールを回してから構えて、シュート。いつもと同じように、繰り返し練習する。決めて当たり前のシュートを、次の試合でもまた決められるように──。

関連記事

BACK 1 2 3
渡邊雄太
メンフィス・グリズリーズ
田臥勇太

バスケットボールの前後の記事

ページトップ