オリンピックPRESSBACK NUMBER

内村航平が「できすぎ」と熱弁する、
体操・北園丈琉の潜在能力とは。 

text by

矢内由美子

矢内由美子Yumiko Yanai

PROFILE

photograph byAFLO

posted2018/10/25 08:00

内村航平が「できすぎ」と熱弁する、体操・北園丈琉の潜在能力とは。<Number Web> photograph by AFLO

10月21日に16歳の誕生日を迎えた北園。憧れの内村と一緒に2年後の東京五輪の舞台に立つことを目指す。

池谷、西川以来の五輪代表へ。

 梅本監督は北園の長所をこのように語る。

「丈琉は中学生の頃から、大人のような技のさばき方をできる子でした。見ていて格好の良い、玄人受けするさばきができることが長所です」

 弱点はあるだろうか。

「課題は力の配分です。北園は試合で力が入ってしまうタイプの子。力が非常に強いということもあって、まだ力で体操をしてしまっているところがある」

 どんな性格なのだろう。

「見ての通り、ニコニコしてかわいらしい。みんなからかわいがられる子です」

 体操界の名門である清風高校は、過去に14人のオリンピック選手を輩出してきている。顔ぶれは豪華絢爛だ。メキシコ五輪、ミュンヘン五輪、モントリオール五輪と3大会連続で団体金メダルを獲得している監物永三を筆頭に、アテネ五輪で金メダル、北京五輪で銀メダルを獲得した鹿島丈博まで計14人のオリンピック選手がいる。

 '20年東京五輪を高3で迎えることになる北園が代表入りすれば、清風にとっては'88年ソウル五輪の池谷幸雄と西川大輔以来となる、在学生の五輪代表になる。

内村、加藤、白井、そして北園。

 梅本監督は「北園は中学に入ったときから『池谷さんや西川さんを目指したい』と言って、明確に東京五輪を目標として努力してきた。意識の高さは別格。学校としても、もう一度現役高校生をオリンピックに出したいと願っています」と高い目標を掲げている。

 若き才能の夢を後押しするデータもある。'08年北京五輪には当時19歳の内村航平、12年ロンドン五輪には18歳の加藤凌平、'16年リオデジャネイロ五輪には19歳の白井健三が出場している。体操ニッポンには台頭著しい10代の選手が代表メンバーに割って入るという流れがつねにあるのだ。

【次ページ】 「あん馬やつり輪で僕が稼ぐ」

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

北園丈琉
内村航平
池谷幸雄

他競技の前後のコラム

ページトップ