“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

U-16エースFW西川潤が目覚めた、
ゴールよりチームを勝たせる責任。

posted2018/10/14 17:30

 
U-16エースFW西川潤が目覚めた、ゴールよりチームを勝たせる責任。<Number Web> photograph by AFLO

AFC U-16選手権でMVPに輝いた西川潤。来年のU-17W杯へ、どこまで成長曲線を伸ばせるか。

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph by

AFLO

 最後の最後でエースストライカーが大仕事を果たした。

 AFC U-16選手権決勝・タジキスタン戦。0-0の63分、MF中野瑠馬(京都サンガU-18)の折り返しは難しいバウンドだったが、FW西川潤(桐光学園高)は落ち着いて左足を合わせてゴール右隅に蹴り込んだ。これが決勝点となり、U-16日本代表は6大会ぶり3度目のアジアチャンピオンの称号を手にした。

「上がってきたボールにしっかり当てることを意識しました。(今大会の)ゴールは決勝だけでしたが、タメを作ったり、アシストできたのはプラスに捉えています」

 西川はU-17W杯出場権が懸かった準々決勝オマーン戦で、FW唐山翔自(ガンバ大阪ユース)の決勝ゴールをお膳立てするなど、背番号10に相応しい活躍を見せた。大会MVPにも選出されたのも当然だろう。だが、本人はこう振り返る。

「グループリーグはエンジンがかからなかった。最初から出せるようにしないといけなかったのですが……」

 ゴールへの並々ならぬ意欲を持っている西川は、初戦のタイ戦から気持ちを前面に出していたが、なかなかプラスに向かなかった。

森山監督から落とされた雷。

「芝生の状態に慣れなくて。日本と違って、ボールが止まりやすかったり、ぬかるんだ感じもしてスパイクが重く感じました。得意とする突破でなかなか持ち味を出し切れなかった。どんどん焦りが生まれ、自分の感覚が掴みきれず時間が過ぎていきました」

 ノーゴールのまま迎えたグループリーグ第3戦のマレーシア戦でも無得点に終わると、ついに森山佳郎監督に大きな雷を落とされた。試合後のことだ。

「お前が点を決めるかどうかはどうでもいい。こっちはチームの勝利にどう関われるかに興味があるんだ! お前が点を決めようが知らねえよ!」

 森山監督はチーム立ち上げからずっと西川に厳しかった。裏を返せば、才能とポテンシャルを評価しているからこそで、大きな愛情の裏返しだった。西川もそれを分かっているからこそ、真正面から森山監督の言葉を受け止めた。

【次ページ】 点を獲らなきゃと思いすぎた。

1 2 3 NEXT
西川潤
森山佳郎

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ