Jをめぐる冒険BACK NUMBER

柏・大谷秀和と鈴木大輔が語った、
残留争いでの“割り切り方”とは。 

text by

飯尾篤史

飯尾篤史Atsushi Iio

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE

posted2018/10/10 07:00

柏・大谷秀和と鈴木大輔が語った、残留争いでの“割り切り方”とは。<Number Web> photograph by J.LEAGUE

今季の残留争いは過去類を見ない大混戦となっている。柏が広島相手にもぎとった勝ち点3は、大きな意味を持ちそうだ。

割り切ったおかげで得たもの。

 ただし、割り切ったおかげで手に入れたものもある。

「こういう天候だったから、こういうサッカーになったけど、良かったのかなと。ここ数試合、全体的にコーチングが欠けていると感じていたんです。でも、今日は事故が起こりやすい状況だったから、行ったぞとか、カバーしろとか、当たり前のことだけど、みんなが自然に声を出していて、それが結果に繋がった。今日のコミュニケーションを基準にして、これくらい声を出してやっていければ、守備は安定すると思います」

 鈴木が手応えを覗かせれば、大谷も力を込めて言う。

「3点のリードではどうなるか分からないというのが、前半を終えた時の印象だったので、後半は自分と大輔のところで常に声を掛けながら、セーフティに割り切ってやりました。後半の立ち上がりに何本かシュートブロックしましたけど、全員が身体を張れていた。そういう部分はスタンダードにして、継続しなければならないと思います」

 残留争いを続けるリーグ戦とは一転、ルヴァンカップでは準決勝に進出しており、10月10日にはホーム、三協フロンテア柏スタジアムで湘南ベルマーレと第1戦が開催される。大一番の続く柏にとってあの日の強風は、チームの命運を変える“神風”になるかもしれない。

関連記事

BACK 1 2 3
柏レイソル
大谷秀和
鈴木大輔
サンフレッチェ広島

Jリーグの前後の記事

ページトップ