フランス・フットボール通信BACK NUMBER

ロナウドを止める方法はコレだ!
CLとセリエAの対策を仏誌が検証。 

text by

ティエリー・マルシャン with フレデリック・エルメル

ティエリー・マルシャン with フレデリック・エルメルThierry Marchand avec Frederic Hermel

PROFILE

photograph byInside/Panoramic

posted2018/10/08 11:00

ロナウドを止める方法はコレだ!CLとセリエAの対策を仏誌が検証。<Number Web> photograph by Inside/Panoramic

チャンピオンズリーグの通算得点ランキング1位のCR7。ライバルのメッシを20点近く離してのダントツのトップである。

ロナウドが開花したのはレアルでの話。

 ロナウド自身も渇望して止まなかった初受賞は、2008年にマンチェスター・ユナイテッドで得点王を獲得したときだった。

 6年前からロナウドは、《ミスター・チャンピオンズリーグ》の称号を戴いている。5回の優勝と通算120得点は、ともに史上最多記録(チャンピオンズカップの時代を除く)である。

 だが、そこに達するまでには時間がかかった。

 マンチェスター・ユナイテッドの時代には、彼は7年間でわずか15ゴールしかあげていない。しかもその大半は2007~'08シーズンのものである。

 決定力が全面的に開花するのはレアルに移籍してからであった。

 レアルのCLでの好成績と彼のゴール量産には明らかな相関関係がある。2011年以降、レアルは毎年必ず準決勝に進出し、うち4回は決勝に進んだ。試合数の増加は、ロナウドにさらなる活躍の場を与えたのだった。

彼をサポートする選手たちを止めるべき。

「クリスティアーノはゴールへの強い執着がある。強迫観念とすらいえる」と、80年代のレアルで“キンタ・デル・ブイットル(当時著名だった攻撃カルテットの呼び名)”の一角を形成していたラファエル・マルチンバスケスは説明する。

「その強迫観念は、レアルとCLの関係の中にDNAとして組み込まれている。ロナウドの才能が輝いたのは、そうした環境と無縁ではない。ヨーロッパでレアルほどの攻撃的ポテンシャルを持つチームはまずないからね」

 それではユベントスへの移籍で、彼がこれまで築いてきた流れは断ち切られてしまうのか?

「それはよくわからない」とマルチン・バスケスは言う。

「彼にとっては守備が固いうえに適応に時間がかかるセリエAでゴールを決めるよりも、CLで得点する方が容易いのではないか。彼を止めようとしたら、彼自身よりも周囲で彼をサポートする選手たちを止めなければならない」

【次ページ】 「ユーベでは足りないものがたくさん」

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

クリスティアーノ・ロナウド
リオネル・メッシ
ルカ・モドリッチ
レアル・マドリー
ユベントス
マンチェスター・ユナイテッド

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ