Number ExBACK NUMBER

拡大するBリーグとアジアバスケ。
琉球のテリフィック12優勝の価値。

posted2018/10/03 11:30

 
拡大するBリーグとアジアバスケ。琉球のテリフィック12優勝の価値。<Number Web> photograph by ASIA LEAGUE

「テリフィック12」で見事優勝を飾った琉球。主将の岸本は大会MVPにも輝いた。

text by

小永吉陽子

小永吉陽子Yoko Konagayoshi

PROFILE

photograph by

ASIA LEAGUE

 今、アジアのバスケットボール市場が動き出している。そして3年目を迎えるBリーグの各クラブもアジアで存在感を示し始めた。

 昨季のBリーグ王者であるアルバルク東京が、10月2日に決勝を迎えた『FIBAアジアチャンピオンズカップ』で準優勝という成績を遂げた。この大会はアジアのクラブチーム王者決定戦であり、アルバルク東京はぬかりのない準備のもとチーム力を発揮し、アジア強豪クラブの仲間入りを果たした。

 また、9月にはサンロッカーズ渋谷がKBL(韓国)の蔚山モービスフィバスとパートナーシップ協定を締結。ライバル国と競い合うことはもちろん、チーム運営についてもお互いのプロリーグから学び合ういい機会となることだろう。

 こうしたアジアのバスケ市場の広がりとBリーグとの関係性が活発化していく中で、急速な発展を遂げる注目のイベントがある。それが、9月18~23日に琉球ゴールデンキングスが強固なディフェンス力を発揮して優勝した『テリフィック12』だ。

プレシーズンに2大会を開催。

 この大会はアジアリーグリミテッド、通称『アジアリーグ』と名乗る団体が主催するもので、FIBA公認のプレシーズンのトーナメント戦だ。初年度の昨年は9月に『スーパー8』と称した大会で千葉ジェッツが初優勝しているが、今年はプレシーズンに2回のトーナメントを開催するまでに発展した。

 7月の『サマースーパー8』では外国籍選手不在のメンバー構成で育成の意味合いを持つ大会を開催。9月にはシーズン開幕を睨み、外国籍選手を2名まで加えた完全体として、アジアの強豪12チームで競う『テリフィック12』を実施した。

 このアジア最大級のトーナメントにおいて、Bリーグ勢は2年連続で優勝を飾り、優勝賞金15万ドルを手にしているのだ。

『アジアリーグ』と堂々名乗るだけあって、彼らが遂げようとしている野望は、アジアを変えていく勢いと影響力を持つ。

【次ページ】 東アジアではイベント目白押し。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

テリフィック12
アルバルク東京
琉球ゴールデンキングス

バスケットボールの前後のコラム

ページトップ