欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

ポルトガルの次世代に世界が騒然。
130億円の19歳が引っ張る若返り。 

text by

杉山孝

杉山孝Takashi Sugiyama

PROFILE

photograph byUniphoto press

posted2018/09/24 11:30

ポルトガルの次世代に世界が騒然。130億円の19歳が引っ張る若返り。<Number Web> photograph by Uniphoto press

ハメス・ロドリゲスとCLの舞台でマッチアップしたゲドソン・フェルナンデス。将来のヤングスター候補だ。

大物代理人メンデスも注目。

 違約金は、その当時ですでに6000万ユーロに設定されていたという。ならば今回、クラブがその額を倍に設定しようとするのもうなずける。実際に、今夏はプレミア行きが目前に迫っていたようだ。

 9月19日、ホームにバイエルンを迎えた今季のCLグループリーグ初戦で、G・フェルナンデスは先発出場を果たした。自身が指摘する戦術面の問題か、あるいは相手と本戦の雰囲気に気圧されたのか、CL予選での勢いのよさは鳴りを潜め、ボールもなかなか回ってこなかった。

 ボールを持てば懐の深いキープでタメを作ってはいたものの、強気な縦パスを打ち込めず、横パスをさらわれる場面があったのは、ドイツ王者とCLの洗礼を受けたというところだろうか。

 J・フェリックスはCLメンバーには入らなかったが、先月末にはG・フェルナンデスより先にリーグ初ゴールを決めている。宿敵スポルティング相手の交代出場からの同点ゴールなのだから、好印象は3倍増しだ。

 かつてはアンヘル・ディマリアのレアル・マドリー行き、近年ではエデルソンのマンチェスター・シティ移籍など、ベンフィカに大金をもたらした大物代理人ジョルジュ・メンデスが目をつけているというのだから、将来性の大きさがうかがえる。

2人が仰ぎ見るR・サンチェス。

 そのバイエルン戦のピッチ上には、2人が仰ぎ見る輝きがあった。

 アカデミーの先輩で、2年前に19歳でバイエルンに買われていったレナト・サンチェスだ。

 3500万ユーロの移籍金に見合う活躍はまだなく、スウォンジーから復帰した今季、ここまで出場はなかった。迎えたCLベンフィカ戦は崖っぷちでのテストとも言える、古巣相手の大事な今季初戦だったが、そこで“一発回答”を示してみせた。

 ヨシュア・キミッヒの自陣ゴールライン上での見事なキープを発端とする54分の速攻を、長いドリブルで間をつなぎつつ、最後はクロスを蹴り込んで締めくくったのだ。

【次ページ】 “息子のゴール”に万雷の拍手。

BACK 1 2 3 4 NEXT
ゲドソン・フェルナンデス
ベンフィカ
ジョアン・フェリックス
欧州チャンピオンズリーグ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ