“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

絶対プロになると中1で決断した男。
青森山田→札幌で夢実現の檀崎竜孔。

posted2018/09/18 17:30

 
絶対プロになると中1で決断した男。青森山田→札幌で夢実現の檀崎竜孔。<Number Web> photograph by Takahito Ando

札幌でのレギュラーにとどまらず、A代表のメンバーに選ばれるように育てていきたい、とクラブ関係者もその素質を絶賛している檀崎竜孔。

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph by

Takahito Ando

 9月18日火曜の午後。青森山田高のMF檀崎竜孔(だんざき・りく)の北海道コンサドーレ札幌への来季加入が正式に発表された。

「絶対に高卒でプロになる。それ以外は考えていなかった」

 もとよりプロになるべく強い決意を持って高校サッカーに打ち込んできた檀崎だが、彼にとってこの内定は、苦悩の末になりふり構わず掴みとった夢への階段だった――。

 高校のサッカー部に所属していて、なおかつ実力のある選手であれば、3年生になって次々とクラスメイトの進路が決まり始める頃に「プロか? 大学か?」の2択を迫られることになる。

 人生を左右するとてつもなく大きな決断を、18歳にして強いられるのだ。競争も激しく安定した職業とは言えない業界に進むのか。並大抵の決断ではないし、当然ながら多くの選手が悩み、苦しんでいる。

 一方で、こうした2択で悩めること自体、サッカー選手として恵まれている証拠でもある。

 プロになりたくてもなれない選手や、大学にも家庭の事情などで進学できない選手も数多い。とにかく地域リーグでも、どこでも良いからサッカーを続けたい……という18歳だって大勢いるのだ。

 18歳のサッカー選手の選択肢は立場によって千差万別だが、中には最後まで「プロ」にこだわり続け、自分を売り込み続ける選手もいる。

 その1人が青森山田高校の檀崎だった。

青森山田の栄光を担いつつも……。

 彼は全国トップレベルにある青森山田のサッカー部において、高校1年からレギュラーを獲得した。檀崎は1年時に、高円宮杯U-18サッカーリーグ・チャンピオンシップと高校サッカー選手権制覇の2冠を経験。高2ではチームの「ダブルエースナンバー」の1つである7番を託され、高3では栄光の10番とキャプテンを任されたほどだ。

 青森山田にあって、檀崎は間違いなく「ハイスペックな選手」だった。実際、高校1年の頃から「プロ入りはほぼ確定」と噂されていたほどだった。

 しかし……なぜか彼の周辺で、今年に入ってから一向にプロの話が出てこなかったのだ。あらゆるJスカウトに聞いても、リストには上がっているが、彼に対して具体的な動きを見せるチームがなかった。

「檀崎、進路どうなっているの?」

 筆者が逆にスカウトから質問されるほどだった。

【次ページ】 2年生時の過ごし方に問題が。

1 2 3 4 5 NEXT
檀崎竜孔
北海道コンサドーレ札幌
青森山田高校
郷家友太
三國ケネディエブス

Jリーグの前後のコラム

ページトップ