Number ExBACK NUMBER

“マドンナジャパン”初の女性監督は、
私の高校で初の女子部員だった! 

text by

田中大貴

田中大貴Daiki Tanaka

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2018/09/06 07:00

“マドンナジャパン”初の女性監督は、私の高校で初の女子部員だった!<Number Web> photograph by Kyodo News

橘田恵監督(右端)は高校卒業後、仙台大で公式戦出場も果たした。2017年には履正社の監督として女子野球の高校日本一も経験。

あれから20年後……彼女は監督に!

 あれから20年後――橘田が「マドンナジャパン」の監督に就任しました。

 野球日本代表のすべてのカテゴリーを通じて、女性監督の誕生は初めてのことでした。

 就任した当時のマドンナジャパンは、W杯21連勝中。

 絶対に負けられない……女性監督の両肩には想像を絶する重責が圧し掛かっていました。新潟でのW杯直前合宿中、私が「仮想、優勝インタビュー」を行うと、優勝の瞬間を想像し、涙を流す橘田監督の姿がありました。

「日本女子野球の未来が明るいことを証明する大会にしたい」

 20人の代表選手の前で声を震わせながら、そう語った橘田監督。

 その言葉通りメンバー20人中、20歳以下の選手が11人と若手起用へと大きく舵を切った今大会。

 彼女は経験よりも、未来への可能性に賭けるという大勝負に出たのです。

「マドンナジャパン」はもっと強くなる!

 そして掴み取った世界の頂点。

 W杯30連勝、6連覇という偉業。

 2年ごとに開催されるワールドカップにおいては、2年後も4年後も、または6年後も今大会の選手が残っているはずです。

 これから橘田監督は「マドンナジャパン」をどう成熟させていくのでしょうか。20年前の地道な壁当てのように、監督自身もチームとともに、着実に成長していくはずです。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

橘田恵
吉井温愛
田中美羽

他競技の前後のコラム

ページトップ