Number ExBACK NUMBER

上沼恵美子「よう決勝残ったな」&松本人志「僕は好きじゃない」…M-1審査史に残る2大“酷評コメント”

posted2020/12/20 06:02

 
上沼恵美子「よう決勝残ったな」&松本人志「僕は好きじゃない」…M-1審査史に残る2大“酷評コメント”<Number Web> photograph by M-1グランプリ事務局

2年連続で決勝に進出したニューヨーク(嶋佐和也、屋敷裕政)

text by

ラリー遠田

ラリー遠田Larry Toda

PROFILE

photograph by

M-1グランプリ事務局

 漫才日本一を決める『M-1グランプリ』は、単なる漫才の大会という枠を超えた究極のエンターテインメントである。厳しい予選を勝ち抜いた気鋭の漫才師による熱の込もった漫才が『M-1』の最大の魅力であるのは間違いない。しかし、この大会の面白さはそれだけにとどまらない。個性豊かな審査員による「審査」も大きな見どころだ。

 審査員は今年もオール巨人、上沼恵美子、立川志らく、サンドウィッチマン富澤、ナイツ塙、松本人志、中川家・礼二。3年連続で同じメンバーである。

 それぞれの審査員がネタを見て何点をつけるのか、どういうコメントをするのか、といったことが視聴者の興味をそそる。大会が終わった後には、ときにネタの中身自体よりも審査員のコメントの方が世間では話題になり、「あの審査員がああいうことを言った意図は何なのか?」といったことが議論になったりする。

 審査員のコメントが特に話題になるのは、低い点数をつけた審査員が出場者に対して厳しい言葉を投げかけるときだ。ここでは、近年の『M-1』で審査員のコメントが波紋を広げた2つの例を取り上げたい。

上沼恵美子「好みじゃない」「よう決勝残ったな」

 1つは、2017年大会でのマヂカルラブリーに対する上沼恵美子のコメントである。この年、6番手として登場したマヂカルラブリーは、ミュージカルを題材にした漫才を演じた。

 しかし、残念ながらどの審査員も低い点数をつけたため、その時点で最下位に沈み、敗退が確定。最終的な結果も10組中10位の最下位となった。

 中でも、上沼は「83点」という極端に低い点数をつけていた。司会の今田耕司にコメントを求められた彼女は「ごめん、聞かないで」とツカミのジャブを放った。そこから怒涛の「上沼劇場」が開幕した。

【次ページ】「好みじゃない」「よう決勝残ったな」

1 2 3 NEXT
松本人志
上沼恵美子
ニューヨーク
マヂカルラブリー

他競技の前後の記事

ページトップ