オリンピックPRESSBACK NUMBER

池江璃花子、アジア大会で新次元。
疲労の中で勝ちきる感覚をモノに。

posted2018/08/22 18:00

 
池江璃花子、アジア大会で新次元。疲労の中で勝ちきる感覚をモノに。<Number Web> photograph by AFLO

直前のパンパシでは4日間で8種目に出場。今大会も6日間で8種目に出場する池江。

text by

田坂友暁

田坂友暁Tomoaki Tasaka

PROFILE

photograph by

AFLO

 池江璃花子(ルネサンス)が止まらない。

 インドネシア・ジャカルタで19日からスタートした第18回アジア競技大会の競泳競技。8月9~12日に東京・東京辰巳国際水泳場で行われた第13回パンパシフィック水泳選手権からの連戦ということもあり、選手たちの身体にも疲労が蓄積されている。

 さらに言えば、今回は屋根はついているものの、西武ドームと同じように半屋内で、レース中にも風が吹くような環境だ。

 にもかかわらず、池江は好記録を連発。昨年9月、台風の影響を受けて雨風が降りしきる中の屋外プールで行われた愛媛国体において、50m自由形の日本記録(当時)を更新した池江にとって、環境はさほど問題にならないのかもしれない。

 それにしても大会3日目を終えて、初日の4×100mリレー、2日目の50mバタフライ、100m自由形、そして3日目の100mバタフライを制し、すでに4冠を手にしている。惜しくも4×200mリレーは銀メダルに終わったが、それでも池江のラップは1分55秒27と、そう悪くないタイムだ。

今までにないくらい疲れている。

 100mバタフライの予選後、見た目にも分かるほど疲れた様子を見せていた。

「もう、ウォーミングアップの時点から身体が全然動かなくて。今までにないくらい、身体が疲れていると感じています」

 10代で高校生の池江は、大学生や社会人スイマーたちよりも身体の回復が早い。とはいえ、パンパシフィック水泳選手権でも4日間で予選決勝を合わせて12レースをこなしている。その1週間後にスタートしたこのアジア競技大会でもレースがない日は、ない。

 そんな状態であっても、しっかりとテーマを持って泳ぎ、自分の状況を把握しながらレースをこなし、結果を残すのには驚かされる。

【次ページ】 自己ベストに近いタイムが出せた。

1 2 3 NEXT
池江璃花子
東京五輪
オリンピック

他競技の前後のコラム

ページトップ