セリエA ダイレクト・レポートBACK NUMBER

新生インテルのキャラ濃すぎ問題。
クリロナも挑発する“オラオラ系”。

posted2018/08/22 11:00

 
新生インテルのキャラ濃すぎ問題。クリロナも挑発する“オラオラ系”。<Number Web> photograph by AFLO

こんなにガラの悪いトップクラブはいつ以来だろう。そして、こんなに楽しみなクラブもいつ以来だろう。

text by

弓削高志

弓削高志Takashi Yuge

PROFILE

photograph by

AFLO

 パガーニ・ウアイラBCという怪物がいる。

 インテルの新入団選手っぽい名前だが、4本のタイヤを履いている。V12ツインターボ・エンジンから最高速度370km/hを叩き出す、イタリア北部モデナ生まれの超弩級モンスターマシンだ。お値段は約2億9000万円也。

 世界限定20台のうち、ミラノにある1台はとりわけ特別とされる。メタリックブルーと黒に塗り分けられ、リアウイングには“NERAZZURA(青黒)”のマーキング入り。夜な夜なミラノの街に怪音を轟かす主は、インテルの実質的なトップである御曹司スティーブン・張(チャン)だ。

 真面目な理系大学生みたいな見た目に騙されてはいけない。

 チャンは、公の場に出ればどんなビッグクラブの会長相手でも物怖じせず、名門のオーナーの御曹司として帝王然と振る舞う。かと思えば、チームの食事会に自慢のウアイラBCで乗り付け、歳近い選手たちからやんやの喝采を浴びながら、若大将としてチームを煽る。

「もう待つのは終わりだ。今年は徹底的に勝ちにいくぞ!」

ユーベOBが警戒する筆頭はインテル。

 今季のセリエAがいよいよ開幕した。

 スクデット7連覇王者ユベントスにC・ロナウドが加わり、今季も彼らのタイトル防衛は鉄板のように思えるが、現地の下馬評はそうでもない。

「インテルにもチャンスがある。ユーベは突出した優勝候補とはいえない」('82年スペインW杯優勝DFクラウディオ・ジェンティーレ)

「アンチ・ユーベの一番手は紛れもなくインテルだ」('90年代の名DFモレノ・トリチェッリ)

 ユベントスのOBたちや現地紙は異口同音に今季のセリエAでユーベの対抗馬となるのはインテルである、と断じている。

 スパレッティ体制2年目の彼らには、十分に優勝争いできるだけの戦力が揃ったからだ。

【次ページ】 “裏技”も駆使して大物を次々と獲得。

1 2 3 4 NEXT
インテル
ラウターロ
ルチアーノ・スパレッティ
マウロ・イカルディ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ